日記8/27

帯に短し、襷に長し。
このマザーボードの内蔵グラフィックは遅すぎる。しかし外部AGPはつなげないし、どうしよう…と思ってたら、BIOS設定画面を見ると優先的にAGPグラフィックスを使うかPCIを使うかの選択肢が。もしかしてPCIのグラフィックカードは認識するのか…??と、手元にあったET-6100(!)のカードを刺してみると、見事に認識。まあこいつはWinで使うには遅いし、VRAM4MBだし何より1280*1024がそもそも出せない(正確には、出せるけどインターレースでしか出せなくてウチの液晶モニタがうまく認識しない)ので却下。
んで、次にもう一つ手元にあったRIVA128のカードを。こいつは何かが狂ってて画面がブレまくるので使用には耐えないけど、なんとか動くのでベンチ取ってみると内蔵グラフィックスよりずっと性能がいい。本当はHDBENCHのグラフだとSiS630≒VIA PLE+≒RIVA128だったので同じくらいにならないとオカシイのだけど高い数字が出るモンは出るのだから仕方がない(笑)。しかし、あんな遅いグラフィックスにAGPなんか必要ないだろう(内蔵の話よ)。いくら帯域が広くたってそもそもデータを処理するのに時間がかかってるんだから…。
というわけで、そのままアキバへ直行。Voodoo Bansheeあたりが投げ売りされていればいいなあと思いつつ何軒か回ってみると、Riva TNT2 M64搭載のカードが¥6Kちょっと。さらに数件回ってこれより良い物件がなかったのでコレを買う。Voodoo3とかもあったけど、よく考えると3DFXはもうないので今後を考えるとnVidiaのカードを買っておいたほうがよいかもと思って。
ついでに、まだDVDのテストをしていないのでリバティーで中古漁り。何でもいいから安いの…と漁って見るも、DVDはまだそんなに安くない。どうしようもない映画でもいいのに…とグルグル回っていると、
「月影蘭 第一話」¥1080。
買った!
帰ってきました。カード刺しました。
…画質が悪い…(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)。
内蔵グラフィックスではとてもキレイに出ていたのに、この落差はなに?????
そこで冒頭のことわざが出るわけです(泣)。
DVDは問題なく再生できました。ウヒ。
つーか、本当にどうしよう。他のカード買うのか?(笑)
この画質の悪さは何なんだ。カードが悪いのか、外部PCIカードは全てそうなのか。ちなみに、ET-6100は1280*1024が出せないので、他の画面モードでスムージングがかかってしまい画質がいいのか悪いのか分からない(昔CRTで出したときはえらく画質悪かったけど)、Riva128はブレまくるのでやはり分からない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。