日記10/27

「ギャラクシーエンジェル」:2本とも微妙????????????????????????!どちらもあれをオチと呼んでいいのかと言われるとかなり考え込んでしまう(しかも一本目は小林靖子!先週のは神だったのに…)。

二本目はオチ以外は完璧な話だったと思います。しかしそれはひとえに沢城みゆき様の演技力と非常にうまい演出によるもの。オチが…オチがあれでは…いやしかしこのテはあれをオチと認めるべきなのかもしれん…ああぁぁぁぁぁぁ(泣くことか)。一本目もあれはオチなのか……なのか……なのか……なのか……。オチているように見えてもオチに向かっての収束が無かったという点に於いては一本目のアレはオチでは無い。これがオチているとなると先週の一本目もオチていたことになるがあれはオチと認めなかったんだからこれもオチとは認めるべきではないな。うむ(勝手に納得すな)。二本目に関しては…まあギリギリの線でオチになってるか。なんだかよくワカンネーけど…。いや、よく分かるんだがよく分からんという、よく分からん状態ですな(笑)。

今回の二本は、「不条理ギャグでも何もかもが不条理だとただの意味の無い話になってしまう」いい例かもしれん。それこそプロットの不条理さでは先週の二本目は今週の比じゃなかったし。ちゃんと「起承転結」は守りましょう。

それにしても沢城みゆき様には毎回驚かされますが、今回二本目がミント主体(主体つーか独壇場)の話だったのでえらく堪能できますた(笑)。巻き舌で他人を脅す沢城様のキャラなんてもう二度と無いかも。

あと、今回のミルフィーユの「あたし頼まれたものを忘れたりしません」のセリフ、初めて新谷良子がうまかった。つーか、「ですぅ?」しゃべりをやめれば結構聞けるぞ。やめれ(笑)。こういうのを聞いてるとやはり真田アサミの「にょ」は天才的にうまい…。

何か読みづらい上に何言ってんだかサッパリわかんね。申し訳ない。

G.A.もあらすじ書くべき?そんなのどうでもいい?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。