日記11/6

ふとTV埼玉だか千葉TVだかの番組表を見ていたら(どちらだか覚えていないくらい「ふと」)…「ガクエン情報部HIP」。ゑ゛!?昔のジャンプ漫画でワタシは大好きだったんですが。とりあえず録画。

ちと調べてみましたが、1987年「月曜ドラマランド」での放映だったようですね。こういうのもやってるHPってあるもんですね。ずい分とリンクにうるさそうなのでリンクは略(雑誌の情報書き写したものをリンクすなとかいうのもどうかと思うが)。

…実写なのは当然見る前から分かってたけれど…。オッサン高校生早乙女十三は高田純次、そしてHIPの紅一点・一ノ瀬遊子は森高千里…(多分デビュー直後?)。

漫画はこのオッサン高校生早乙女十三率いる珍集団HIPが巻き起こす…つーか、奇面組です「奇面組」。絵柄もソレ系(好きだけど)。内容的に最近の漫画で例えれば「ノルマンディーひみつ倶楽部」。主人公はムリヤリ入団させられた泊桃太君で、ドラマでは中村繁之とか言う人が演ってます。ジャニーズらしい?ちなみに他では暴走族モノ映画とかそんなんばっかりに出ているようですが(笑)。

さて、ドラマの方は原作を完全無視し(笑)、HIPと「暗闇シスターズ」とかいうスケ番グループ(スケ番ですよスケ番)との対立をメインに描いています。こんな連中居たっけ。何せ漫画読んだのは多分15年ほど前かと思われますので全然覚えていないんですが、多分出てこないでしょうこんな人達。つーか、高田純次!そのキャラは早乙女十三ではなくて高田純次そのものだろうが!森高!顔が怖いぞ!

クライマックス。桃太に言い寄っていたいじめられっ子の女の子が実はスケ番グループのボスをあることを見抜いた遊子。
「俺達の相手はただ一人。我々HIPの抹殺を企て、影でこいつ等を操っていた張本人、関東高校連合の総番長『三角定規のマリア』お前だ!」
「さすが元・関東中学生スケ番連合の総長をやっていた『シャーペンのお遊』よくあたしの正体を見破ったわね。」

あの…そういう漫画じゃ無いんですが…(汗)(汗)(汗)。遊子が元スケ番総長で「シャーペンのお遊」と呼ばれていたというのはあったとかすかに記憶していますが、それはネタ的に使われていただけだったような。

んで最後は桃太と遊子がちょっとイイ感じになって終わり。だからそんな設定はねーよ。こういうのがやりたいなら何もHIPにする必要はこれっぽっちも無いだろう。15年前のドラマに今ケチつけても何にもならんけどな。

しかし、80年代ラブコメ、眉毛の濃いアイドル、今じゃコントにしか出てこないようなスケ番、「高田純次」を演じる高田純次、何から何まで見るのがつらい。別の意味でスキが無い(笑)。いや耐えて耐えて全部見ましたけど。

…原作読みたくなってきた。今度古本屋で探そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。