週明けの、会社

たのしい時間も過ぎ、今年のラストスパート。まあ、もう心理ダメージをしこたま吸い取られるような会社イベントはないはずなのでがんばる。

まあそのへんはおいといて。

M-1グランプリ。今年で最後だそうです。こういうお祭りはちゃんと続けてほしいもんですよなあ。30年はやらないとハクつかないよ。

人を笑わせることができる人間って、僕はこの世でいちばん尊敬するタイプの人間ですが、これがなかなか世間的にはそうでもない。

「イイ話」で人を泣かせるのって、ステレオタイプなものでもいくらでもできますが、大笑いさせるというのは一種「意表をつく」ことなので、同じことやっても駄目です。常に何か意表をつくことをやっていかないと人を笑わせることはできないわけで、もっともアタマのいい人間でないと続けていくのは無理です。だから一番尊敬するんですが。

で、まあ某ちゃんねるを見ていると「オードリーを優勝させておけば」という意見がけっこうある。

これに関しては、松本が2008年の大会の後にラジオで言ったらしい言葉がすべてです。

「優勝はNONSTYLE、一番面白かったのはオードリーの1本目」。

ルール上、2本披露して2本とも勝ち抜かないといけないわけです。あの2本目はw。アンタッチャブルのラジオで言ってたと思いますが、大会直後に非吉本芸人での打ち上げがあって、その場でオードリーの二人は「何であんなもんを2本目にやった!!」って全員にものすごく怒られたらしいですw。ありゃ無理w。

去年にしても、優勝はパンクブーブーでしたよ。間違いなく。笑い飯は勝手に「チンポジ」で撃沈しましたし(個人的には鳥人も…)。

で、この文章にはオチは別にないわけですがw、今度の決勝メンツではやはりハライチに優勝してほしいなと。

ついに名前が現実にw

キングオブコメディーおめでとうございます!!!!!第一回のバッファロー吾郎はもう完全に後輩票で萎えまくり(バナナマンが可哀想すぎ)、去年の東京03もちょっとあの2本目の異常な高得点は???という感じ(あれはサンドウィッチマン優勝だっただろ~)でしたが、今年は文句無し!!!!

しかし一番驚いたのは、ずんが準決勝まで行っていたということ…w。

R1みた

「R1ぐらんぷり」

ちゃんと録画して最初から最後までは初めて見ました。一昨日のサバイバルステージも全部見ました。ゆってぃが先々週のシカゴマンゴで放映日を言ってくれたおかげで録画できたのですw。ありがとうゆってぃw。

・正直サバイバルステージの方が面白かった気が…。
・COWCOWの人は今日の決勝戦全然笑いがありませんでしたね。ほとんど同じネタだったのにw。
・麒麟川島。「そんなでかいババアがいるか」じゃなくて「お前のようなババアがいるか」じゃ。その間違いだけでもうこいつ嫌い。もし知らない人に分かりやすくしようとしてわざと変えたのなら、そもそもそんなところから持ってくるな。あれはねめつけるような目で相手を見ながら言っているんだから「お前のような~」じゃないと駄目なのじゃ。うるさい人ですね。
・エハラマサヒロもなだぎ武も嫌いだからでしょうか、自然にあべこうじを応援していた自分がw。
・エハラマサヒロが優勝できなかったのでガリガリガリクソン様がまた嬉しそうにブログを書くのだろうw。
・いとうあさこは短いネタしか見たことがなかったので、「長くやると本気で疲れてゼイゼイ言い出す」というのを初めて見ましたが、本来はあそこまでが一連の流れなんでしょうか?
・ゆってぃちゃんとラジオでの予告通りに新しいパターン入れてきました。何にもならなかったような気がするけどw。
・今田耕司はM-1の司会しているときはちゃんと他の芸人とは一線引いていますが、宮迫はどうもその辺がなあ。やっぱ「吉本なのね」的な空気出すよなあ。
・見たら、第一回のだいたひかる以外全て吉本優勝じゃん。M-1は9回の中で3回吉本以外が優勝しているので、決勝に残っている吉本と非吉本の割合からしたらかなり(少なくとも決勝に関しては)公正な審査がされていると思いますが(第9回までで決勝戦に進出しているグループの吉本率は約74%)、こっちは8回中7回吉本だもんなあ。まあ、今年以外を見ていないので何とも言えませんが。