草津からの帰りでしんど(*_*)

昨日今日でいつもの草津…だったんですが、
まあ最後の最後にしんどいことに(笑)

GWはどうにも予定が立たなくて結局何もしない…
ので、せめて直前にでも草津に行っておこうと。

5月は他の旅行予定もないから、
特急で行っちゃおう( *・ω・)ノ

というわけで土曜の昼前に上野から
特急草津にてラクチンな旅。

まだちょっと寒いかと思ってソコソコ厚着していったら
なかなか暖かいじゃないですか草津。
てか、もう4年半も通ってるんだからいい加減
覚えろとw。

いつもの宿にいつもどおりに入って、
夕方まではだらだら部屋で艦これの期間限定海域攻略(笑)

いつもの居酒屋で楽しく飲んで、
若干飲み過ぎて(笑)ふらふらで湯畑に戻って
ゆもみ様のキャンドルナイト見て、

いつものように宿に戻ってフトンに
倒れこんで意識を失う(笑)

で、いつものように帰…らないんだなこれが。

日曜は、道の駅八ッ場ふるさと館で一周年記念がありまして
そちらにゆもみ様もご参加なされると。

こちらが、クルマが無いとちと行きづらい場所にあるので
正直やんぴと思っていたんですが、
まあ長野原草津口駅から歩いて4km弱くらい。
ヒマだし行ってみるかと(笑)。

長野原まではバスで行って、駅からどんどん上に上がって
新しい道を行く。きれいな道。ただただ進む。
結構新しく建った家とかもあったりしますね。

40分ほど歩いて、ようやく到着( *・ω・)ノ
クルマは無いんですが道の駅は大好きなので
前から来てみたかった場所ではあるんです。

ゆもみちゃんのおかげで自分だけじゃ行かなかったであろう
いろんな場所に行けて、結構感謝しているのです。
富岡製糸場も去年のうちに見られたし。

ここも、さすがにただ歩いて来ようとは思わないもんなあ(笑)。

決してアクセスの良い場所でないにもかかわらず
この道の駅は大盛況。

地元のおいしそうな野菜とかキノコとか
めっちゃ安く売ってるんですが、さすがに荷物が(*_*)
食べたかったなあ。

あと川原湯の温泉を引いた足湯もあります。
お湯のにおいはまさに川原湯のそれ。
新源泉は成分が違うとか聞いた記憶がありますが?

無事にゆも子さんにも会えて、
いろいろ写真も撮らせてもらって。

2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その1
2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その1

2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その2
2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その2

2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その6
2014/04/27 道の駅八ッ場ふるさと館 その6

ちょうど昼ごろでしたので、道の駅の食堂でごはん。
八ッ場ダムカレーなるものが!
ごはんとカレーをダムの形をした仕切りで分けてるんですね。
ちなみに、こういうのはあちこちのダム近くで出しているらしいです(笑)

DSC_1621
DSC_1621

八ッ場ダムカレーは、カレールー自体は普通ですが
地場の野菜とキノコがタップリ入ってて
非常においちい( *・ω・)ノ

八ッ場ダムの完成形のジオラマがあって、
説明員の方にお話聞いてようやく八ッ場ダムが完成したあと
このあたりがどうなるのかが分かりました。

ダム湖は川原湯から長野原草津口駅の近くまでの
非常に広いものになるそうですね。

景色が非常によさそう…と思ったら、
吾妻線は川原湯から長野原草津口までの間
ほとんどトンネル内になってしまうみたいです(*_*)ガーン

帰りは川原湯温泉駅まで歩いて13:13の鈍行に
乗るつもりでしたので、ちょっと早めに12:20頃ゆもみんに
バイバイしていざ駅へ。

で、例によって道を間違え(*_*)
まあ、道を間違えたおかげでダムの上を通る予定の橋の上からの
絶景と、その橋を渡った先にある新しい川原湯温泉駅が
見られたのはよかったんだけど(笑)。

DSC_1702
DSC_1702

DSC_1706
DSC_1706

800mくらい間違った道を進んでスマホで地図確認して
気がついて、真っ青になって戻る(*_*)

地図だけ見ていたんじゃ気が付かなかったんですが、
ここいらは全てダムが完成したあとダム湖のほとりになる
部分ですので非常に高いところにあるんですね。

地図を見て、この道だなと使う予定だった道ははるか100mくらい眼下(笑)。
えええええ!電車の本数少ないから乗る予定だった電車を
逃したくはない!

しかたないので新しいバイバスを小走りに進んで
下に向かう道が無いか探す。
なかったら最悪10kmくらいバイバス進んで川原湯の先の駅まで
行かなあかん(*_*)ヒエー

なんとか下に向かう道はありました!しかも降りればちょうど
駅の近くであろう辺りに!

ダッシュで駆け下りる。
すげえ急勾配の坂です。
かなりクネクネしているにもかかわらず。

降りきったら、やっぱり駅の近く!この時点で電車が来るまで
あと5分!

何とか駅にたどり着いて、乗る予定だった電車に
乗れました…

いや最後の最後でえらい目にあった(笑)。
吾妻線が高崎に着いて、もうさっさと帰りたくて
新幹線使っちゃったよ…。

まあ、でも、ゆもみちゃんありがとう( *・ω・)ノ

新しい川原湯温泉駅からは歩いて大した距離じゃないので
新しい吾妻線になったらまた来ようね。道の駅。

いつになるかわからんけど…(笑)

タカセが巣鴨に

ここ半年ほどずっと楽しみにしてきたことがありまして。
ようやくそれが実現。

去年、地蔵通り商店街の入り口に新しいビルが建築されはじまりまして、
何が入るんだろう…と思っていたら、なんと「タカセ巣鴨店」(^o^)/

タカセといえば池袋ほかにある、ワタクシが一番好きなパン屋ですよ!
それが巣鴨に!通勤途中に!これはもう開店したら毎日朝パン買って
昼ごはんはタカセのパンにしてやろうと!

そして、4/14、ついに開店!!!!

…開店が朝9時だって_| ̄|○

そんなあああああああパン屋なんて朝早くからやるもんでしょうがああああ!!

夜は20時までやってるので、しょうがないから帰りに買うことにしました。
というわけで、月曜は閉店間際に寄れて、いくつかパン買って。
もちろんちゃんとタカセのパンしてます。
ぶどうパンもちゃんと買えます。

貧乏になったら毎日タカセのぶどうパン食べよう(笑)

今日も帰りに買ってやろうかと思ったんですが、
18時過ぎに通りかかったら店内が結構な行列!諦めました(*_*)。
しばらくはこんな感じかな…。

まだオープンしていませんが、3Fはタカセのレストランが入るみたいで
こっちも楽しみ(^o^)/

川治温泉

年度末の決算処理も無事終わりまして、
社内システムの消費税率変更対応もとりあえずリリースはできて一段落。
(あとで色々問題でるかもしれんけどw)

落ち着いたところで、週末は
あまりにもヒマぶっこいて何もすることがない
(週末家でずっと艦これだけやっていることを「何もない」と言うw)
ので、どっか一泊行ってこようと思いまして。

かといって、来週も一泊が決まっていたりするのでw
可能な限りカネかけずに。

となると、選択肢は限られます。
鬼怒川方面で伊東園系に泊まるか、
伊東あたりの安い宿にするか。

鬼怒川の先に川治温泉てのがありまして、
前から一度行ってみたかったんですが
まだ行ったことがなくて。
ここにも伊東園系の安いホテルがあるので
今回はここにしてみました。一柳閣本館。

一人だとシングルの狭い部屋が\5800で泊まれるんですね。
これで2食バイキング付き、酒も飲み放題。
東京から鈍行なら片道の交通費約\1900。
何もないときはこれに限る(笑)。

東武で浅草から1時間に1本程度出ている区間快速に乗ると
鬼怒川方面まで乗り換えなしで行けます。
ものによっては川治までも乗り換えなしで行けるんですが
今回乗ったのは新藤原止まり。なのでそこから
野岩鉄道に乗り換えです。

今年は結局まともに桜を見る機会が
ないまま終わってしまいそうだったんですが
栃木まで来ると、ちょうど満開。
どこかで見られればいいんだけど…。

2時間半ほど電車にゆられて、新藤原で乗り換えして
川治温泉着。

ぬ、PASMOが使えない(*_*)
こういうことも確認しておくべきだった…。
あとで精算できるんだけど面倒くさいのよね。

川治温泉は、野岩鉄道の「川治温泉駅」と「川治湯元駅」の
ちょうど間にあるので若干歩かなければなりません。
この辺は鬼怒川の方が便利かね。

地図で見たら、泊まる場所は川治湯元駅からの方が
近そうだったのでそっちで降りたんですが、
まあ完全に町の裏手になる場所っぽく
ホント何もない(笑)。無人駅じゃないのに自販機の一台もない(笑)。

そこから町の方へ歩いてゆく…
温泉街としては小さい、雰囲気は四万に似ているかも。

で、宿に着く。相変わらず伊東園が元々あったホテルを
買ったんだろうという感じで、今は安いんですが、
元は立派なホテルだったんだろうなあと。
てか、見た感じ川治で一番大きなホテル?

チェックインして前払い…ぬ!
前は税込み\5800だったのに、税抜き\5800+8%消費税になっとる!
便乗値上げしたな(笑)。まあそれでも安いわ。

温泉も12Fの展望風呂とかだし、施設は結構豪華。
そしてわたくしの部屋は…今まで泊まった中で一番狭かった
ビジネスホテルと同じくらいの狭さ(笑)。
シングルベッドがあって、そのベッドと同じくらいの
スペースだけがある感じ。元は従業員とか添乗員用の
部屋だったんでしょう。
まあ布団と屋根とコンセントがあればいいんです(笑)。

多分複数人で泊まればまあまあの部屋なんでしょう。
何せ元はかなりのホテルみたいですから。

さっそくお風呂へ。
展望風呂と露天風呂がありますが、建屋が分かれているので
両方いっぺんには入れません。
まあ、話題作りのために?あとからイイ感じの露天を増設した
最近よくあるタイプ(笑)。

ここのお湯は、「加水加温あり、循環なし」です。
においは四万温泉のお湯に似ています。
ただ向こうは中性ですがこちらはPH8.0の弱アルカリ性。
あと、成分表を見る限りほとんどの成分は少ないアッサリ系。
それでも気持ちはとてもいいお風呂です。
眺めもいいし。

そして晩ごはん…。まあ、前に鬼怒川に泊まったときと
似たような感じのバイキング。
よく池袋あたりであるようなランチ1000円バイキングみたいな感じ(笑)。
まあ、でも酒も飲み放題ですし十分十分。

DSCN0655_

お腹いっぱい食べて、日本酒も5合くらい飲んでマンゾク。

で、朝ごはんもバイキングしっかり食べて宿を出る…。

DSCN0666_

あまり観光できる場所もなさそう…。

有料の共同浴場が河原沿いに1か所ありますのでそちらへ。
これが素晴らしい!露天風呂は混浴で外から丸見え(笑)。
当然若い女の子などは誰も入るはずもなく(;_;)じさまばかり。

DSCN0680_

ここは完全な源泉掛け流し。
源泉温度が低いのでかなりぬる~いお湯ですが、
その分いつまでも入っていられます。これがすごく気持ちいい。

いつまでも入っていたいお風呂ですが、
早めに帰ることにしたので20分ほどで退散(;_;)

あとは温泉街を通って、帰りは川治温泉駅の方まで
歩いてそちらから。

DSCN0677_

 

DSCN0693_

…川治湯元駅がさびれてたのは町の裏手だったから
だと思っていたんですが、玄関口である川治温泉駅も
同じくらい寂れとる(;_;)。

DSCN0707_

旅行というものは色々期待しながら来るわけで、
それが目的地でこの駅を見せられたんじゃ
いきなりゲンナリするわなあ。

ホテルには人がいっぱいだったし
(バイキング会場見ても200人くらいは居た)
車は結構走ってるんですが、町を歩いている人が
いない。まだ時間的に早かったのもあるかもしれませんが。

店も開いてるんだか開いてないんだかわからないような店
ばかりでしたし、どうにもねえ。

去年鬼怒川の伊東園ホテルに泊まったときも
思ったんですが、ホテルには人が一杯いるのですよ。
でも、町はほとんどゴーストタウン。

もしかしたら、人がいっぱい入っているホテルってのも
伊東園系と大江戸温泉物語系だけなのかもしれませんケド。
特に鬼怒川なんか相当数のな大型ホテルが朽ち果てていたし。
またそういう施設が取り壊されもせずにそのまま
朽ち果てているので、さらにゴーストタウン感が増すというか。
まだ川治は温泉街の規模が小さいのでボロボロになった
大型施設を見せられるようなことはありませんでしたが。

伊東園ホテルって、宿の中で相当遊べるようになっているんですね。
しかも無料。カラオケルームもビリヤードも卓球も
漫画コーナーも全自動雀卓も全部無料。
有料にして、そこに管理のための人員を割くより
無料で放置しておいたほうが安上がりなんでしょうね。
その辺はすごくうまい。

泊まってる人たちの満足感は相当なもんだと思いますよ。
バイキングなんかは高そうなもの一つもありませんけど
みんなすごい笑顔笑顔笑顔。大体が大宴会場を食事会場に
していますから他人がどうしてるかはすべてわかります。

食事終わったあとのいろんな無料設備で遊んでる人たちも
笑顔笑顔笑顔。ソコソコ高い宿でも文句ばっかり言ってるような
人が結構居たりするのに、さすがに値段が値段だからでしょうか、
鬼怒川で泊まったときも今回の川治も、
ブスっとした顔してる人なんてまずいない。みんな笑顔。

本当にすごいことだと思いますが、
多分それが館内ですべて完結してしまっているんでしょうね。
で、こういうところに泊まる感じだと、
温泉街でカネ使ってバンバン遊ぶような人はほぼ居ないと。

おみやげも館内で全部買えちゃいますし。
(元がでかいホテルなので売店もめっちゃ広い)

こういうこと言っている僕ですら、
正直ほとんどホテル外ではカネ使ってません。
今回の一泊でホテル以外で使ったお金って共同浴場\300のみ。
前回の鬼怒川のときも、コンビニに立ち寄ったくらい。

町全体を活気づけるにはどうしたらいいんでしょうね。

そして、こういう場所を見るたびに
草津ってすげえなあ…と思う。

あと、何気に四万も、まあ超活気づいてるという
わけじゃありませんが、きちんとみんな宿が営業してて
朽ち果てた建物なんてほとんど無い。

四万にも伊東園ホテルはありますが、
別にそこだけ客がいるってわけでもなく
きちんと他の宿にもお客は入ってます。
それこそオンシーズンのときなんかどこもほとんど予約取れません。

今後もヒマすぎてやることがないときは
鬼怒川か川治に行くと思いますので、
行くたびに何か考えてみよう。
まあ、お役には立てないだろうけど…(*_*)

伊東園系は、食事に期待しなければとてもいいホテル(笑)。
期待しないって言ってもバイキングですし酒も飲み放題ですから
何だかんだ言ってマンゾクはできるし(笑)。
伊豆方面だとどうしてもおいしいサカナ食べたいですから
泊まることはないと思いますが…。

しかし、前回の日記から今回の日記の間に
まだ書いてない旅行が2回あるんだよなあ(*_*)