日記4/30

今日は引越しなどしつつも、ウチの部署で使ってるサーバの中身をちょっと変えることにもなりあっちやこっちやで大変なんですが何よりも大変なのはもちろん自分のパソコンの復旧(泣)。ハードディスクも新しくしたのでデータを移さなけりゃならんのですが、録画とMozillaのブックマーク、ATOKのユーザー辞書はCドライブやらEドライブやらに入ってんで大丈夫だったんですが、それ以外のデータを入れたDドライブを間違ってフォーマットしちゃいました(号泣)。2台つないでいたのを忘れてた…。

まあ、ただ完全にフォーマットしたわけじゃなくてベリファイフォーマットだったので(説明は面倒くさいのでわからん人は適当に検索してけれ)まだデータが拾える可能性は充分あります。というわけで家を出るときにフリーウェアの「復元」を起動して出て行って、帰ってきてから復元できそうなファイルを拾いました。まあ消えても構わんものもたくさんありますから、本当に必要なものだけ。こういうときでも無いとちゃんと整理しないし(笑)。

メールのデータは完全に拾えたと思ったんですが…ダメかも(泣)。まだ格闘中。

日記4/29

今朝。パソコンが突然お亡くなりになりました(泣)。最初はWindowsは起動していたんですけど、そのうち起動も×。HDDが完全に死んだわけでは無さそうだったんで、まあひとまずは安心。ちょっと前のだけどバックアップはありますから、無いのは録画だけなのでそれが消えなければ(笑)。

会社の引っ越しに合わせてファイルサーバとして使っていたサーバ機の中身をちょいと変えることにしたので、某氏とアキバへ買い物に行きましたんでついでにマザーボードとHDDを買ってきました。A7V266-Eは結構不安定だったので…特にMTV1000が絡むともう駄目。録画中に視聴なんかしたらほぼ確実に強制リセット。最初起動ドライブがまだFAT32だったころは何度OS巻き込んでクラッシュしたか(それで起動ドライブもNTFSにするようにした)。

で、今度買ったのはAOPENのAK77-600N。某ちゃんねるでモバイルAthlon関連の情報を集めていたところ、まあこいつを使うと色々楽しいことが出来そうだったんで(笑)。正直AOPENにはSocket370時代にMX3S-Tで泣かされたのであまり気は進まなかったんですが、まあ最近は反省したようですし(笑)←一時期安物のコンデンサ使ってて1年も使うとコンデンサが破裂したり膨らんじゃったり。

あとはハードディスク。安いんでついに買ってしまいました、160GB。これでまた録画がたまってゆく…(泣)。しかし、24時間稼働である今、もうハードディスクはあきらめて年に1回買い換えた方がいいのかもしれませんな。

で今インストール中です。とりあえず今日はWindowsを入れて前のHDDからデータを引き上げて、録画が出来るようになるところまで持っていくまでは寝ません(泣)。後は5月1日、4日、5日が休めそうですからその辺で前の環境に戻す、と。

しかし、倍率設定と電圧設定に関してはこのマザーボードは最高ですな。全部BIOSセットアップ画面で出来ちゃう。是非ワタシのAOPENに対する偏見(偏見つーか自分で使った実績に基づいているんですけどね)を払拭してくれるくらいのマザーボードであることを祈ります(笑)。とりあえずちゃんと使えそうならしばらくこれで行けるでしょう。多分SocketAが滅びるまで(その日は近いような気もしますが)は行けそう。

これだけの機能を持ってるマザーボードでも¥8200。なんだか(笑)

日記4/28

会社の引っ越しってのは面倒くさいものですね。自分のものだけでも結構あるのに、それ以外にもアレやコレやとなんでもかんでも日通ペリカン便指定の段ボールに詰め込み…まだ始まったばかりですが。まあ、何かいらんもんが出てきたらもらいましょ(笑)。

夜。大学の後輩のjingさん(注:日本人)が転職して大阪に行くというのでお別れ会…で酒が飲める飲めるぞ?酒が飲めるぞ?な会(笑)。いやまあそれなりにお別れしてきたと思うんですが。嘘かも(笑)。ともあれ栄転おめでとうございますということで。ワタシはもうしばらく底辺を彷徨ってます(笑)。そのうちスカウトしてください(笑)。

帰りに野球の結果を見たら…おお!我がベイはついに貯金じゃないですか。もう3番は右ピッチャーなら佐伯、左ピッチャーならタネタネで固定なんですかね?まあどうもそれが一番結果出てますわな。

優勝した1998年と比べてみますと、


   1998     2004
1番:石井琢    石井琢
2番:波留     内川
3番:鈴木尚    佐伯/種田
4番:ローズ    T.ウッズ
5番:駒田     多村
6番:佐伯/中根  金城
7番:進藤     村田
8番:谷繁     相川/中村

「優勝した年と比べるってことは優勝を意識してるんですか?」
いや、まあ、その(笑)。
まあその辺はおいといて。

日記4/27

昨日は3人で徹夜だったんで、めずらしく上司が近くのホテルを取ってくれました。で行ってみたら(朝4時)…外見とは大違いのスゲーオンボロ部屋(笑)。まあ寝るだけですから。寝袋よりゃずっとマシってことで。朝も一応バイキングだったし。食べ過ぎた(笑)。最初っから昼ごはんを食べなくてもいいくらい食べるつもりでしたが、いまだに腹が減らない(笑)。

で、もう定時ちょっと過ぎで帰宅。と、その前にちょいとアキバ。つい昨日かおととい見た(ココ)これを即ゲットしようと。この前買ったE-2000はバッテリの持ちが正直悪いです。ワタシの使い方ってのは、大体毎朝家から会社まで録音したラジオをmp3で聞いて(通勤時間が長くないから何日にも分けて聞く)、昼はネット見て、帰りも録音聞いたりネット見たり、なんですが前のGenio e550cはこの使い方で充分バッテリが持っていたものの、E-2000はヘタすると帰りの途中で警告が出ちゃいます。モバイルデバイス用の外付けバッテリも結構出てはいるんですが、大きいし重いし高いし。今度出たこやつは容量はそんなに大きくないものの、軽いし小さいし安い(笑)。実にスバラシイ。久しぶりに「こっ、これわーーーー!」と思った小道具でした。

帰って、まず寝て(笑)、寝ている間に充電したので使えるかどうかチェック。E-2000はOK、ラジェンダもOK、MI-E1は微妙?(充電ランプがたまに消えるけど充電はできてるっぽいし充電しながら起動も可能)。

いやこれは助かる。株式会社日本トラストテクノロジーマンセー!

日記4/25

「東京国際ブックフェア」。去年千種氏&なたるま氏に誘われて初めて行きましたが、面白かったので今年も行きました。色々な出版社や印刷関連の業者が出展していて、本なら大体2割引(ものによってはそれ以上)で買えるし関連業者が出している機械とかも見られますから。普段は再販制度で絶対に割り引きなどされない本が割り引きできるこの場ってのは一体どういう扱いなんでしょうね。と思って調べてみたら「出版社の判断によって再販制度からはずすことができる」ようですね。まあここでは出版社が直接出張ってるわけで出来るんですな。納得。

今年も三人で行きまして、まあ色々見て回りましたとしか言いようが無いんですが(笑)。とりあえず買ったものを列挙してみます。

「日本史総合図録」山川出版社 ¥300
「世界史総合図録」山川出版社 ¥200
「歴史手帳2004」山川出版社 ¥100
「東京都の歴史散歩」山川出版社 ¥720
「つれづれ日本食物史1、2、3」東京美術 各¥500

山川の三冊は、ぶっちゃけ安かったからです(笑)。歴史弱いですんでまあこの値段で買えるなら買っておこうかと。図録ですから単純に見ていても楽しいし(笑)。手帳も¥100だったんで、まあ(笑)。日本史世界史年表なんかも載ってますからヒマつぶしにもなりますし。

あとは趣味の世界です。東京を歩くの好きですし、食べ物(和食!)大好きですし。非常に満足。いつ読むかはわかりませんが(笑)。

で、築地で寿司食ってその後アキバで某メイド喫茶に行きおひらき。横浜も勝ちましたしもう一日中満足しきり。

ただ一つだけ。先月H”を不本意ながら新機種にしましたが、ついに京セラから新機種が発売…(号泣)!QGAですよ!OPERA搭載ですよ!予測変換搭載ですよ!大体どんなものでもワタシが買うと直後に新機種が出るんですが、今回は最大のショックかもしれません(泣)。もうカード型のAirH”の方を機種変してしまおうか…。

あ、もう一つ。東京ビックサイトで、ブックフェアのお向かいでやってた「キャラフェス」つーギャルゲーのイベントも見てきたんですがこれも満足のうちには入りませんでした(笑)。さすがに「もうこういうのにはついていけない」と思ってしまいましたですよ。まあ前から全くついていってはなかったんですが(笑)。

日記4/24

今日は一日お手伝いで出勤。全くひどい業者もあったもんでなんでカネ払って頼んだもののケツ拭きをこっちがしなけりゃならんのかまああとは以下略。

まあ、そんなことはおいといて(笑)。最近ゲームの話題など全く振らなくなってしまいました。大昔まだこのHPがそれなりに豪華だった頃は(フレームとか使ってたし)ゲームについてつらつら書くコーナーとかもあったりしたんですが。10年前の自分が今の自分を見たら多分信じられないでしょうな(笑)。当時はアニメを一年間に一本も見ていない時期すらあったしなあ(「マリーベル」の後番である「無責任艦長タイラー」のTV版が終わったあと。ちなみに「タイラー」はワタシが人生で初めて『本放送を一度も逃さずに全部見た』アニメです。こっちが信じられない(笑)))

で、何が言いたいかというと突然昔のRPG「エメラルド・ドラゴン」がやりたくなったんです。別に全然好きじゃないのに。メーカーであるグローディアの他の作品はほぼ全部好きだし「Vain Dream」に至っては「好きなRPGナンバー1」と言ってもいいかもしれないほどですが、この「エメラルド・ドラゴン」は別に好きじゃありません。仲間がファミコン版ドラクエ4のクリフトを超えるアホばかり。主人公のアトルシャン君以外は全て勝手に動くんですが、これがもう目も当てられない有様。5人パーティですが、最初から最後まで居るのはこのアトルシャンとヒロインのタムリンだけで、あとは入れ替わり立ち替わりです。まあどいつもこいつもアホなんですが。

最終パーティはアトルシャン、タムリン以外に某国の王子様ハスラム、そのお供(だっけ?)のファルナ、そして伝説の弓使いサオシュヤント。王子様は体力も防御力も低いのに剣を持って敵のまっただ中に突っ込んですぐ死にます。ドラクエ2のサマルトリアの王子もひどかったですがあんなもんじゃありません。何せこのゲームはパーティの誰か一人でも死ぬとそこでゲームオーバーなのです(「キャラクターの死」を重いものにするために、グローディアのRPGは全てこういうシステムです)。そして伝説の弓使いのクセにその弓の威力の大したことが無いサオシュヤント。極めつけはタムリンで、こやつは魔法使いなんですが回復魔法を持っているクセにそれを使うことがほとんど無い上に、たまに魔法を失敗すると「○○、あなたのせいよ」と全然無関係な人間に責任転嫁!唯一マトモなのはファルナ。肉弾戦は弱いですがちゃんと回復魔法や支援魔法を唱えてくれます。こっちの方が正確キツいキャラのはずなんですが。

正直文句だらけなんですが、何故かやりたい(笑)。やるべきか、やらざるべきか。短けりゃやるんだけど長いし(泣)。しかも、単にシナリオが長いのではなくてマップが広すぎてさまよっている時間が長いという(あんなの覚えられるか)。

余談ですが、こういうRPGにおける「キャラクターの死」。ほぼどのRPGでもプレイヤーキャラクターには復活の手段が用意されているだけに、これをどう演出するか、というよりどう言い訳するか(笑)、は難しいですね。「ドラクエ」では、主人公や一部のモンスターはザオラル/ザオリク/メガザルで生き返れるのに話の途中で出てくる人たちには一切復活の手段はありません(SFCとGB版のドラクエ3は反則)。それに対する言い訳は一切ありません。「ファイナルファンタジー」では、キャラクターのヒットポイントが0になることは「戦闘不能」であり死では無いとしています(このパターンが一番多いかな?)。「ファンタシースター2」ではシナリオの途中でヒロインのネイが死んでしまいますが、クローンとして生き返ることの出来るあの世界でその時の言い訳は「クローンを作ることが出来ないくらい全ての細胞が破壊しつくされてしまった」でした。「ウィザードリィ」なんかではキャラクターはある一定の確率で復活に失敗し、失敗したキャラは「灰」になってさらに灰からの復活も試みることができるけど、それも失敗するとそのキャラは完全に失われてしまいます。まあ、あの世界では主人公達は世界を救う勇者では無く、数いる冒険者の1パーティに過ぎませんのでそういうシビアな制度も可能なんですが。古臭いRPGばかりでスミマセン。古臭いのしかしらねーんだよ(逆ギレ)。とりあえずあの時代のパソコンRPGをもう一回やっておくかねえ。「Vain Dream」なんてもう本当に何回やったかわかりませんが(当時PC-98版しか持っていなかったけれど、中古屋を探しに探してPC-88版まで買った。音源は88版の方が豪華でしたが98版の色々な「隠し」が全部削られていてショック)。

日記4/23

昨日はようやく古木をスタメンで出しました。全然ダメだったけど(笑)。まあ、同じダメでも古木なら何か許せてしまうのは単なるひいきなんでしょうが、それにしても誰を置いても今年の横浜の3番はダメですな。さすがに鈴木タカノリの全盛期('97?'98)のような3番とは言わないけど、せめて打率が2割を超えてるバッターを(泣)。

ここ数日野球の話ばっかりだ!何せ開幕してもしばらくマトモに見てませんでしたし、オフシーズンはほぼ何もチェックしてませんでしたからなあ。やっぱり見ると楽しい(笑)。

日記4/22

二日飲んでないからって飲み過ぎましたーーーーーーーーー(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)

まあ、つくづくワタシは上司にゴマのすれない人間だなってのが分かりましたが(笑)。つーかあんな失礼な人間も居ないだろう。

日記4/21

なんか昨日とかなり似た一日になってしまいました(笑)。違ったのは横浜が負けたこと(泣)。そして最下位に。

最下位なのに得失点差がプラスって一体どういうこと!?しかも他に得失点差がプラスなのは首位の広島だけ!!チーム防御率に至ってはセリーグ1位!

この戦力をもってチームを最下位たらしめる大ちゃんはやはり天災監督だ(笑)。つーか何故種田を3番にしてまで古木スタメンを拒む!?鈴木タコのレギュラーがつらくなってきた今、本当に3番がネックだ。将来的には3番古木4番村田になってもらわないといかんというのに…。

石井琢郎1番、内川2番が固まりつつありますけど、石井1番、金城2番、内川3番の方がよくねーか?4番はもちろんウッズ、5番はまあ一応多村。そして6、7番にソロアーチスト古木村田を置いておけば1?5番で点が取れなくてもこやつらで出会い頭のホームランが期待出来るし(笑)。この並びなら8番ピッチャー、9番相川の方がよさそう。おお完璧なオーダーじゃないですか。

チーム防御率もセリーグでは1番だけど、実は先発陣が三浦・吉見以外あうあうあ?な状況ですなあ。まだ吉見が去年とはまるっきり別人なので助かってますが…。