日記2/8

最近ゲームもあんまやってなかったけど、ちょっと内容を紹介したいゲームが!その名も「Ninja Golf」!!!Atari7800用のゲームです。このマシン、日本には入ってこなかったのでほとんど知られてませんが…実は本家アメリカでもマイナーマシン(笑)。元々Atari2600という家庭用ゲーム機が向こうでは爆発的にヒットして、その後継機だったのですがちょうどNES(ファミコン)の人気が出てしまって埋もれてしまった不遇のマシン。

Ninja Golfという名前だけに惹かれて起動してみました。まずタイトルには、日本未発売のゲームなのに堂々と漢字とカタカナで「忍者ゴルフ」(笑)。この取り合わせ、もう分かりません。ジャンルすら想像できないまま難易度を選択して(easy→normal→hard→kamikaze(笑))ゲームを始めると、まず導入部のストーリーが。
「After many long years of ninja training, you are finally ready for the most difficult test of all…. nine holes of ninja golf!!」(長い年月の忍者修行を終えた君は、ついに最も難易度の高い試練に挑むことになった…9ホールの忍者ゴルフだ!)…読んでもいかなる想像も沸かないんですが(笑)。

さてスタート。当時としてはごく一般的なゴルフゲームっぽい画面です。ボールがティーアップされています。忍者が走ってきてアドレスに入ります(笑)。構えた以上、打つしかありません。そうか単に忍者キャラを使ったゴルフゲームなのか…と第一打!ちょっと操作が一般的なゴルフゲームと違っていたので最初はとまどいましたが、まあ打つことはできます。
 ボールが飛びました!しかし、画面は動きません。忍者君はつったったまま。

 十時キーを左右に動かしてみました。走り出しました。
 ボタンを押してみました。忍者君が蹴りを出しました。
 もう片方のボタンを押してみました。ジャンプしました。
 左右の画面の端から色の違う忍者が現れました。蹴りを決めると倒れます。

 数秒前までゴルフゲームだったこのゲームは、いまやアクションゲームです。どうやら、ボールが着地した地点まで、敵を倒しつつ走ってゆかなければならないようです。ひたすら走り続け、ボールの落下地点へ着きました(一本道)。またアドレスに入ります。どうやら敵はボールを打つまでは襲いかかってはこないようです。思い出しました。これは忍者修行の最後の試練なのだ、と。まあそういう決まりになっているということなのでしょう(勝手に納得)。
 慣れないので4打ほどかかりましたが(慣れれば2打)、グリーンに乗りました。さて走って(敵を倒しつつ)グリーンへ着くと…。

 パット。

 では、ありません。いきなり画面が擬似3D(スペハリ風)に変わり、ドラゴンとの一騎打ち!手裏剣を投げてドラゴンを(いや、この場合龍と言うべきか)倒すと、面クリアの様です。ホールごとの成績と合計打数が表示され、一応ゴルフゲームでもあることを思い出させてくれます。

 第二ホール。ホール全体図を見る限り、ウォーターハザードがあるようです。まだイマイチボールの飛ばし方が分からなかったので(すぐに気づいたけど)、第二打を池ポチャしてしまいました。打ち直しか…と思ったら、そのままアクションモードに入ってゆきます。へ?と思いつつも(敵を倒しつつ)進んでゆくと、画面はそのまま水中へ(笑)。どうやら、森も水もバンカーも配置されてはいるものの、OBやウォーターハザードによる打ち直しは無いようです、このゲーム。とにかくボールが落ちたところまで一直線に進む!進む!

 …さすが「the most difficult test of all」です。川や池なのに何故かサメがいるのも「the most difficult test of all」だからなのです!我らが忍者君が息継ぎもせずにずっと潜っていられるのも「the most difficult test of all」を受けるのに「you are ready」な程の修行をした者だからなのです!ええそうですとも!

 そして第二ホールのグリーン。さっきと同じ龍が、ちょっと動きが速くなって再登場。

 まだ最後までやってませんが、是非9ホールクリアして最後を見たい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。