日記2/19の3

DOS時代からWindows時代になってもう久しいですが、ずっと感じてきた違和感がやっと判明。『DOS時代は「黒地に白文字」が標準だったのが、Windowsになって「白地に黒文字」になった』ってこと。Win3.1の頃も含めるともう7年以上経つのにオマエは全然気づかなかったのか、てな感じですが(笑)。もしかしたら昔同じこと思ったかもね。きっともう世界で1万回くらい同じこと言われてるんだろうな…。というわけで、今まで一度もいじったことのない配色をいじって、ウィンドウ内は黒地に白文字にしてみました。う?むいい感じ。今までもカラーカスタマイズの出来るテキストエディタとファイラーのテキストビュアーの画面は黒地に白文字にしていたんだけれどね。白(特にCRTディスプレイ)は光が目にギンギン来るから、絶対にこの方が目に優しいと思うんですがねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。