日記1/21

ちょいと会社のネットワーク関連の作業で仕事が長引いて、会社を出たのが22:00。どうしても飲みたかったんで、神保町界隈をブラブラしていたら、いつの間にか水道橋。

水道橋界隈もブラブラして、結局一つ店を決めて知らないところに入ってみました。いわゆる「大衆割烹」という肩書きがついたやつですな。こういうところは生まれて初めて(のような?)ですが。

まあただの飲み屋ですなこりゃ(笑)。大衆割烹=ただの飲み屋。確認した(笑)。

高い。けどうまい。お通しが白子ポン酢ですよあなた。しかもこれが全然生臭くなくてツルッと食べられる。まあ高いカネ出すだけのものは提供されています。サシミが売りのようで、さぞかしうまいことだろうと思いましたが軒並み高かったので、食べたのは煮込みと鯖塩焼き(泣)。

煮込みは、まあいわゆる煮込みですが、肉関連がモツじゃなくてトリ皮とトリ肉。まあ確かに「モツ煮込み」とは一言も書いてなかったですが、こんなのは初めて見ましたぞ。間違いなくおいしかったですが、どうにも釈然としない(笑)。体裁が完全にモツ煮込みのそれだっただけに。

サバも脂の乗り方がバツグンでこちらもおいしかったですが、これらと酒3杯飲んで退散。普段行っている店の値段が安すぎるって話もありますが、やっぱり高い(泣)。中生が¥630って(泣)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。