日記9/1

というわけで、見てきました。「どれみ#」の映画と「さくや妖怪伝」。
まず一言で言って…
前者「見て良かった!」
後者「見なきゃ良かった!」

どれみ#は栗山脚本、馬越作監ということもあり、さらにCGをより多く使ったりしてまさに「映画!」って感じですな。これでもっと尺が長ければ…。30分だとTVと変わらんもんねえ。どれみ&ぽっぷ姉妹が話のほとんどを占めており、はづき&あいこ&おんぷは完全にワキ役扱いで出番も少ないですが、でもいい話です。たくさんの幼児の手前泣くことも出来ませんが(笑)。

さて問題は後者…。
90年代のCGと70年代の着ぐるみ!!!恥ずかしい衣装の上に出てきてすぐ死ぬ藤岡弘に巨大松坂慶子!!!
もうそれ以上何もコメントしたくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。