日記1/24

チャリを買ったのが9月末。さすがに4ヶ月弱も乗ってると、いくら空気が減りにくい(チャリ屋店員談)タイヤでもさすがにペコペコになってきた。ところが今持っている空気入れはどうも使えないよう。チャリ屋店員曰く「自動車用の口金でないとダメなんですヨ」だったので、今日は仕事休みだし、思い切って買いに行くことにする。先日新宿のハンズで同じプジョーのチャリを売っているのを確認したので、今朝仕事明けに電車乗って新宿へ。

ハンズでチャリ売り場の店員に、自分が持っているのと同じ型のを指さして「これと同じの持ってるんですけど、どの空気入れが使えるんですか?」と聞いてみると、店員は怪訝そうな顔をして「どれでも使えますよ?これのは『米式バルブ』というタイプですけど、ウチで売ってるのは全部対応してます」。

なんだかよくわからんが、とりあえず一つ選んで買う。帰る。空気入れてみる。問題なく使える。

今まで持っているヤツの口金を見てみる。どう見ても同じである。やられた?

…と思ってネットで検索してみる。確かに米式バルブは自動車のタイヤと同じ型のようです。MTBなどはこちらが一般的なようです(ワタシのはMTBじゃないけど)。たまたま今まで持っているヤツが同じだったのかのか?つーか、何で気が付かなかったのかというと、今まで持ってたヤツはベースの口金にさまざまなタイプのアダプタを付けて使うタイプだったんだけど、必ず何かしらのアダプタをつけて使わないといけないと思っていたのね。ところが、そのベースの口金がどうも米式バルブだったようで(恥)。道理でどのアダプタも合わなかったわけだ。

…自転車のメンテくらいマトモにできるようになりたい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。