日記2/26の2

新人でいきなり最初のキャンプ中にケガして全治一年って…哀れにもほどがある。きっと彼はオルフェノクになってしまうに違いない(笑)。そうしたら王監督とかやっちゃって下さい(笑)。

「明日のナージャ」:いや?実に少女漫画の世界ですなあ。見てるとあちこちがカユくなってきますなあ(笑)。でも見るぞ。何故なら面白いからだ。あと、主役の小清水亜美タン(高2)は本当にうまい。某様といい、意外と若い方が実力派?

「仮面ライダーファイズ」:予期しない力を手に入れて戸惑ったり悩んだりするヒーローはままいますけど、予期しない力を手に入れて悩む敵方ってのはなかなか居ないですな(笑)。勇治と結花もまたこの作品の主役なんでしょう。その辺をどこまで書ききれるかがこの作品のキモになりそうです。頼みますよ井上敏樹様。○○○一や○○○一のようなザコとは違うところを見せて下さい(笑)。

「アバレンジャー」:ノリはいいと思うんですけど、とにかく主役三人が下手!下手!下手!ここ数年で最高にヘタクソだったのは序盤のゴーブルー巽ナガレだと思うんですが、もう全員あのレベル!ゴーゴーファイブの第一話でのナガレの台詞「だめだ兄さん、前を塞がれた」の脱力感はワタシ一生忘れないと思うんですが、もう始終それを聞かされているような感じで。レッドが丁寧語口調ってのも何か変だし。

あとアバレブルーの人、整体士で年収4億って…まさか、貴ノ花でも看てるんですか、あなた(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。