日記12/10

おいしい店ってのは、たまに向こうから飛び込んでくることもあるもんで。

「まっちゃん」という焼き鳥屋が神保町にはあるんですが、この呼び方をされている人がウチの会社にはいまして、彼がこの店をめっけてきて気になっていたんですね。で、今日飲みに行くことになって行き場所に困り、じゃあそこに行ってみようということになりまして。

まあえらく小さい店。年配の夫婦だけでやっている店で、10人がやっと入れるくらいの広さです。とりあえずビール。

ツブ貝が今日は沢山あるというので、ひとまずそれ。銀ムツの焼いたの。レバー串。

どれもスゲーうまい。こんなこじんまりした店で。実に意外。大体こういう店って「こういう店って見かけに寄らず意外とおいしいんだよねー」と入ってみると見かけどおり悲惨というパターンが多いですからねえ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。