最後の戦いとは言っても本当の旅はその後から始まるパターン

まあ予定通り家に居て本読んだりダラダラしたりした日だったので、これだけ書こう。

「しゅごキャラ!」第42話「ほしな歌唄!最後の戦い!」
ついに原作6巻の最後まで来てしまいました。とは言っても次回まで使う模様ですが。次回のタイトルが「キャラなり!アミュレットダイヤ!」本当にタイトルの付け方がド真ん中ストレートな(笑)。


まァ歌唄の作画の気合い入ってること気合い入ってること。別にここで死ぬわけでも無いのに(笑)。つーか、この作品の戦いって命のやり取りをするようなものでは無いのに、武器はトライデントやら日本刀やら物騒なものがチラホラ出てくるな。


ガーディアン全員がキャラなりできるようになって、さあ史上最も恥ずかしいコスチュームの戦隊キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


そして主人公のお供なのに裏方扱いな上に最終決戦の緊張感が全く無い三匹キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ってかこんなカットは原作にはありませんでしたが、アニメのスタッフの皆様ナイス(笑)。スゥ「今回もキャラなりしてもらえませんでしたぁ??」って、アンタより青い子の方が回数少ないと思うんですが。しかもアンタの必殺技は万能でねえの。文句言うな(笑)。


上だとスポットライトの逆光で何だかよく分からんので、もっと皆のコスチュームがよく分かるカット。一人一人の「なりたい自分」の具現化なので統一感が無いのは当たり前ですがそれにしても何なんだこの恥ずかしコスチュームの群れは(泣)。街をこんな集団が歩いてたら間違いなくポリス沙汰ですがな。


歌唄のトライデントの突きを防御するために、エルに技を出せと命じたあむの手に握られたのは、「ホワイトフラッグダブルプラン」!


二重に降伏してどうする。


なんだかんだで、旗で突きを受け止める。「無抵抗の抵抗!」ってなあ。現代のガンジーか。


歌唄の暴走を止めるために、イルもあむに力を貸すことに!多分今回限りであろう「アミュレットデビル」。原作ではこの辺十週打ち切り漫画の最終回並みの展開の早さでしたが、アニメの方は短いけどちゃんと変身シーンもありますし、必殺技「デビルズチューン」も迫力あるカットがきちんと用意されていました。こういう、原作をきちんと補完している部分本当にスバラシイ。


原作には無かった、後ろから見たカット。上半身ほとんどハダカか!さすが深夜33時半のアニメだ。今回限りだなんてもったいねー。


やっぱ一回だけなんてもったいねーエロコスですな(笑)。

そして、次週はアミュレットダイヤの変身から始まります。そこから6巻の最後のページまでには30分では長すぎるような気がしますが、どんな付け足しがあるんでしょうか??期待期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。