日記7/4

金曜日に二名回収したときに「魔法少女隊アルス」を見せてちょうど消化できたのがキッカケになって、今日は溜まっていた録画をかなり見ることができました(そうでもしないと見れないのかオマエはそうかもしれません)。

「F-ZEROファルコン伝説」
どうやら9月末まで続くようですね。平日夕方ながら某日曜朝ネコミミアニメと同じくらいの悲惨な視聴率(2%前後)を叩き出しているこの番組がまさか丸一年も放映されるとは。まあずっと見ていた者にとっては最近シブい展開で嬉しい限りですが。

バートのおっちゃん=キャプテン・ファルコンはバレバレでしたが、さらに、=ジョディ(小隊長)の兄者だった??んでミス・キラーは他人のそら似かと思ったらリュウの150年前の恋人・ハルカだった??どうやらブラックシャドウとキャプテン・ファルコンも何やらありそうだし、何だか複雑なような単純なような人間関係だな(笑)。

ちなみに、何故ハルカが150後の西暦2200年に存在してしまったのかと言うと、そもそもリュウは2050年に悪党・ゾーダにやられて意識不明の瀕死の重傷を負い、治療方法が確立するまでコールドスリープにされたわけなんですが、その後に警察はゾーダを捕らえることに成功し、こちらもコールドスリープに処されました(これは刑として)。で、その際に警察はワナを張ってとある銀行にゾーダ一味をおびき寄せたんですが、ちょうど一味がワナにはまってガス?で眠らされる直前!恋人をやられて復讐に燃えるハルカが現れ、ゾーダに銃をつきつけましたが一緒に警察のワナにはまってしまい、そのまま一味の者と間違われて(復讐鬼と化したハルカの人相はそれはそれはまるで悪人のような恐ろしいものでした(笑))一緒にコールドスリープに。で、2100年、ブラックシャドウ率いるダークミリオンが刑務所を襲って150年前の伝説の悪党・ゾーダをコールドスリープから目覚めさせたとき、仲間と勘違いして(笑)ハルカまで目覚めさせてしまった模様。何故、今は過去の記憶を無くしてしまっているのかは不明ですが。

残り1クール、一体誰と誰がどうなったりどうなったりしてしまうんでしょうか。まあ設定がブッ飛んでいても1話1話の話がなかなか良く出来ているのでまあいいんですが。

「レジェンズ」
まあ。突然深刻な展開に。だからこそこのノーテンキな主人公が生きてくるんでしょうか(笑)。このマツタニ・シュウゾウ君は数あるお馬鹿ノーテンキ系主人公の中でも群を抜いているような気がします。まあ、いい意味で周りの空気を読まない主人公という意味では大地監督の前作「十兵衛ちゃん2」と一緒ですかね。いい意味ばかりでは無いような気もしますが(笑)。

「マーメイドメロディ ぴちぴちピッチピュア」
ここ数週間ため込んでましたが、先々週のだけ感想を。

「7つの海の7人のマーメイドプリンセス」という設定を全く活かすことなく終わった前作(実質的に5人しか出てこなかった)。その中でも特にひどい扱いだったのが、インド洋のマーメイドプリンセス・ココ。ガイト城に捕らわれている人魚は2人だったんですが、そのうち一人はさらわれたときのストーリーがちゃんとあって、それが元でかれんとリナが反目してたりと、本人は登場しなくてもそれなりの認知が出来るくらいの情報はあったんですが、ココに関しては本当に何もなし、呪縛から解き放たれたのは最終回で、最終回の7人大合唱のためだけに居たような存在でした。

前置きが長くなりましたが、何故こんなにウダウダ書いたかというと、
何故もっと早くから出さなかった!ということが言いたかったのです(笑)。歌がメチャクチャ上手い!!4人合唱だったので断片的にしか聞けませんでしたが、いやはやもったいない。是非ソロで聞きたい。しかし再度の出番はあるのだろうか(笑)。死んだ(わりにはちょくちょく出てくる)沙羅の親友だったんなら、何故星羅をこっちに任せなかったんでしょうかね。なんていうツッコミはしてはいけないんでしょうな(笑)。

ところで、こっちはどうも第2期は3クール(多分今年いっぱい)で終わりらしいですな。まあ、どう考えても第2期が始まったことすら不思議でしたけど(笑)。そんなに人気あるのか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。