恥ずかしながら帰ってまいりました

おお、今日は帰ってこれた。せっかく二日分の着替えを持っていったのに。

帰りにファミマに寄って酒1本と¥100のサラミを買ってきたんですが、知らないうちにタカラ(おもちゃじゃない方の)から「タカラチューハイクラシック」とか言うのが。昭和20年代の原点を目指したというこのチューハイを買って飲んでみたら、あらおいしい!ほとんど甘みがありません。これはいい。果汁が入っているわけではありませんが、ほのかな梅っぽい風味と色。もしかして前にタモリ倶楽部でやった「千波の梅」(字があっているかどうか自信が無い)って、こんな感じだったのかな?いや、これは梅じゃなくてウィスキーか。すごく薄いウィスキーのハイボールって、ちょこっと梅っぽくありません?ああ何にしてもこれはうまい。ケースで買いたいくらいだなあ(笑)。でも、こういうのってすぐ終わっちゃうんですよねえ。

やっぱり、チューハイって甘くない方がおいしいんだなあ。そんな思いを常に持っているもんですから、市販の缶チューハイはほぼ駄目です。「カロリ。」とかの人工甘味料を使っているものの方がまだ人工甘味料特有のとがった甘さなので飲めますが。一時期は「氷結」が好きでしたが、もうそれも過ぎ去りましたね(笑)。人が「おいしい缶チューハイってどれ」と聞いてきたら間違いなく今でも「氷結」とは答えますが。嫌いとか言いながら一応一通りは飲んでいたりするので、ちゃんと比較した上での答えです(笑)。

まあ、甘くないチューハイが飲みたいなら普通に焼酎甲類と炭酸水買ってくれば済む話なんですがね(実際自分でもそれで飲んでるし)。今までは余計な味などいらんとか思っていましたが、このほのかな「ひと味」もいいなあ。梅酒をほんの少したらしたらこんな感じになるかもしれません。今度やってみよう。

ビンにはおまけで栓抜きがついてくるんですが(ビン自体も王冠で栓がされています)、これが販売終了になるまで僕の手元に何本の栓抜きが集まるでしょうか(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。