交通博物館

起きてもカゼは全くよくなる気配を見せていなかったんですが、まあ別に行動できないわけじゃないくらいでしたので、予定どおりのものを。

ぽんす君が交通博物館に行きたいといっていたので、便乗して一緒に行ってきました。何でも一ヶ月後には万世橋からは無くなってしまい、来年さいたまさいたま?に移転するというので、まあ一度は行っておくべえかと。あの前なんかは限りない回数通りかかったんですがねえ。かつては上野→秋葉原→神保町という「散在&極上のヒマつぶしツアー」を幾度となく敢行しましたし、最近では会社帰りに神保町からアキハバラに出るときに、あとはアキハバラに来てまつやか神田やぶそばに行くときに。行ってない理由って、そりゃ興味が無いからですよ(笑)。まあ、無くなっちゃうなら行っておくべかと、実に日本人的な理由で便乗(笑)。

で、実は僕が行くのは初めてでは無かったりするんですが、これが完全に記憶に残っていないくらいの昔。多分4歳とかそんなもん。だとすると、28年前とかなんですよ。覚えてるわけないじゃん(笑)。実質初めてですよ。

土曜の2時過ぎ。凄い混みよう。そりゃまあ大人¥310子供¥150で子供を確実に喜ばせられる施設ですから、親御さん的にも安上がりですし。当然一番の理由は「無くなっちゃうから」でしょうが。今まで週末に通りかかってもこんなに混んでることはありませんでしたし(笑)。

思っていたより広かったのにビックリ。交通関係の博物館ですから実物より模型などが多くなってしまうのは仕方がないことですが、それでも模型も実によく出来たものばかりです。今風に3DCGの鉄道シミュレータなんかもあったりして。あまりにも行列ができていたので横で見るにとどめましたが。

「『交通』って言ってもどうせ鉄道ばっかりなんだろ」と思っていましたが、全4階立てて各フロアの奥行きも考えていた以上にあり、一階は確かに鉄道ばっかりでしたが、2階3階は船舶、航空、自動車バイク、人力と結構ちゃんと網羅されていました。意外とバカにしたもんでも無いもんです。それなりに楽しめた…んじゃないでしょうか(あまり自信が無いw)。

結局、以前行ったときの記憶はビタ一文甦ってはきませんでしたが(笑)。

その後、アキハバラを散策し、上野の半兵ヱに。4日ぶりの酒はうまかった。カゼだったけど(笑)。

飲んだら後は帰るだけなんですが、実は我が家にあったはずの綿毛布が忽然と消失しまして、実に寒い。無くなった理由が全く分からない。多分入院のドタバタのときに…?そんなわけで、多慶屋に行って綿毛布買って、それから帰宅。

本来なら今日の夜中は新文芸座オールナイトで「ロード・オブ・ザ・リング」全3部作をブッ通しで見る予定だったんですが、まだカゼがよくならんのでヤメ(泣)。ずっと待っていたのでかなり悔しいですがねえ。まあ、実家にDVD全部あるので、そのうちそれでいいかと(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。