訳がわからない

夜のバラエティやドラマなんてまず見ることは無いんですが、宮古で飲んでいるとTVがついているのでふと見てしまうことがままあります。

今日見たのが、何やらロンドンブーツが司会している??芸能人が「プレゼン」をする番組。で、誰かが(飲みまくってからうろ覚え)アニメの最終回をプレゼンしてたけれど、一位として出てきたのはもうこのテとしては見飽きた「フランダースの犬」。

僕は、この作品を通して見たことはありません。何故か最終回のラストシーンだけはやたらと見た記憶がありますが(笑)、まあ今日のコレと全く同じ、「TVのバラエティで紹介されたのを見た」でしょう。

確かに、話知らなくても、ラストシーンを流されながら話の概要だけ聞けばまあ泣けるシーンではあります。ボロボロ泣いているYOUとか見ると頭に来ますが(笑)。

もう一つ。ドラマやってました。どうも最終回っぽかったです。話の文脈からして、噂で聞いた「派遣の品格」とかいうドラマだったんでしょう。こちらはかなーりどうでもいい最終回でした(笑)。多分全話見たとしても感想は変わらないでしょう。

何が言いたいのか自分でもよく分かりませんが(泥酔中)。例えば「おジャ魔女どれみ」第一シリーズの最終回。それまでの話を見ていない人には何が何やらサッパリな話だと思います。でも、一年間ずっと見てきた人にはもう号泣もの。第四作「おジャ魔女どれみドッカーン!」のエンディング曲に至っては、いまだにこの歌を聴くだけで泣けます。恥ずかしいですが、カラオケで歌えません。聞いたら泣くから。でも、その感情も、4年間やって「ああ、この歌は卒業式のための歌なんだなあ」って分かるからこそ。

まあ、そういうのはこういうバラエティには未来永劫出ないでしょうよ。その場で出されたって訳わからんだろうしね。でもね、そういうアニメはちゃんとあるんですよ。「昔はいい」って言うのは簡単ですけど、今もいいものはちゃんとあるんですよ。

凄い支離滅裂。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。