干しリンゴとそば

というわけで果物不足をドライフルーツで補ってみるかと、今日はとりあえずSHOP99でレーズンを一袋買ってみる。モグモグ食べる。

…まあ、すぐに何かが変わるわけでは無いですから(笑)。しかしどうもレーズンというのは世間にありふれすぎているせいで、自分でそんなに食べるわけでも無いのにもうお腹いっぱいです(笑)。すごく損な食べ物に見えてくる。

続けてもいいとは思ったので、大量購入になったらもうあとはアメ横に限る。いつも行くナントカ屋さん(←いつも行ってる割には店名を知らない)で一通り見て、干しリンゴを500g。食べるのに時間がかかりそうなものの方がいいです(笑)。良かったら次は1kg買おう。

で、その後は上野つるやでそば食って帰る。ここはジャンボ五目そばに限ります。そば2玉にカキアゲ、大根おろし、山菜とあと何だったっけかの何か。立ち食いですからもうひたすらズルズル食うだけですが、これがうまい。

うまいんですが、一つだけ難点が。これはここに限ったことではなくて世の中の全ての立ち食いやそれに準ずるようなそば屋に言えることですが、

冷やしそばや冷やしうどんにテンプラってどうよ。このテのそば屋のテンプラって作り置きですから、サクッとはしていないし、かと言ってフニャフニャなわけでも無い、何とも言えない食感がします。で、かけそばに入っている分には段々ツユを吸って崩れていきますからまあタヌキそば的なものとして食べれば良いんですが、冷やしの場合は(ツユの量が少ないし冷たいので)そのままです。あのテのテンプラをそのまま食うのは結構辛いです。

今日も、テンプラだけはそばと一緒にすすれないので、まず脇によけ、たまにそばをかきわけて器の底にたまった少ないツユに無理矢理つけて一口かじる、という、ハタから聞いていても決してうまそうには聞こえない食べ方になってしまいます。

昔のある一時期、朝出勤するときに某駅の某そば屋で毎朝冷やしおろしそばを食べていたんですが、ここの店長しゃんがやたらとテンプラをサービスしてくれるんですね。当然元々のおろしそばにはテンプラなんてつきませんが、凄いときはテンプラが3品くらい乗っかってくる(大根おろしの量も普段の倍以上)。周りを見渡しても、ほとんどの客が複数個のテンプラが乗ったそばを食べている(笑)。これを食うのが本当に辛い。朝だから重いのやだなぁとか思っておろしそば頼んでいるのにテンプラ三つ。かといって、向こうは善意でやってくれているわけですから断ることもできない。結局その店には行かなくなってしまいました。あれが本当にトラウマ。毎朝、冷え切ったサクサク感の全く無いテンプラを二つか三つ、ツユがほとんど無い状態で食べるのを想像してみて下さい。恐ろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。