日記6/10

これからちょっと「パタリロ」の文庫版を揃えようと思って、とりあえず昨日2冊。何せまだ読んでない話の方が圧倒的に多いかんね(元の単行本12?13あたりまでしか読んだことがない)。
…ヒューイットの故郷、ノースダコタ州が「日本で言えば、千葉県だ」と言ってバカにされるのは知ってたけど、その後にもっとひどい展開があったとは…(笑)。
「ノースダコタ?」
「日本で言えば」
「千葉県だ」
ガーン!
「ちっ、千葉県というとあの埼玉県と茨城県にはさまれている」
「あの千葉県ですか!」
「そう、端的に言うならば」
「僻地だ」
『その1 千葉県の上を鳥が飛ぶと』
『落ちる』
『その2 千葉県の上を飛行機が飛ぶと」
『B29とまちがえられる』
『その3 まれにパイロットがコーラのびんを放りだしたりすると』
『それを神の国に帰すためにヤリを持ったおじさんが旅立つ』
『その4 以前月光仮面が悪人を追って千葉の奥地‐‐ つまり勝浦の方 ‐‐へ入りこみ』
『退治して帰ろうとしたが』
『そのまま行き倒れになった』
『千葉の奥地はゴキブリさえ生息できない不毛の地なのだ』
「怖いところですね?」
「ノースダコタはこの千葉県にまさるともおとらない田舎なのだ」
…ひでー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。