日記6/30

「少林サッカー」見ました(昨日)。最近のCG技術を使ってあのようなクダラネー(いい意味でね)映画を撮るのは、まさしく正しい姿勢だと思います(笑)。つーか、本当にバカすぎ(笑)。あまり詳しく語るのはヤメにします。何故なら、絶対にみんなに見てもらいたいから。見て笑え。ワタシは映画見に行って、最後に客席から自然に拍手が起きたのなんて初めてでした。

しかし、どこまでがCGで、どこまでが本当のアクションだったんだろうか。意外と「超忍法・空駆け」((C)ハリケンジャー)とか本当にやってたりして(笑)。10億人もいればああいうのが出来そうな人たちもいそうだな(笑)。是非中国は国を挙げて4年後の独逸大会までに発掘すべし(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。