日記9/24

何だか森監督の身辺があわただしくなってきた模様ですが、ワタシは「どうせ契約があと一年残ってんならやってもらいましょうよ」という意見です。今年ははっきり言ってシーズンを乗り切ることすら出来なかった選手多すぎ。もしそれが監督の責任なのなら即刻やめて頂かなければなりませんが…。選手起用に関しては、グランとヤングを使い続けたこと以外はほとんど文句無いです。開幕時のローテーション投手がバワーズしか残っていないのに曲がりなりにも先発ローテーション組めてるし(まあ吉見が居なかったらと考えると恐ろしいですが)。

三浦、川村、斉藤隆、木塚、中野渡、鈴木尚、佐伯、…主力のケガ人数え上げればキリが無いし、金城は首位打者&新人王取ったあとは完全に低迷してるし、若手は終盤に入ってようやく出てきたような感じだし(しかもあまりのケガ人の多さに仕方なく、と言った状態。おかげで古木内川が開花したわけだけど)。

むしろ、選手の体調とかを整える役割の人間が糾弾されるべきかと(コイツ)。

とりあえず、来年に向けては、吉見、グスマン、バワーズ、谷口、田中一、古木、内川、小池が絶対にケガしないようにすること、あと三浦&斉藤隆はFAでどうなるか分からんのでまあいいとして川村を完全復活させること、石井琢の調子を例年並みに戻すこと、これらが最低限でしょう。かなりゼータク言えば「4番をマトモに打てそうなのを取る」ですが、中村ノリもペタジーニも金本もどこ行くんだかわかんねーし。

「4番古木」にはまだ数年かかりそうだしね…。しかしこの男は小学校のときに将来なりたい職業に「プロ野球選手。大洋以外ならどこでも」と書いたらしいんですが(笑)。(どうも中山がタイーホされた翌年だったから、というのが真相?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。