日記7/18

「F-ZEROファルコン伝説」
他の作品のパロディとかそういうのは全く無かったアニメでしたが、矢尾一樹がついに「やってやるぜ!」を連発。それだけ(笑)。

さて、今日は日帰りで箱根に行くつもりでした。前回は本当に風呂入ってソバ食べて帰ってきただけでしたので、今回は彫刻の森でも見ようかなあ、多分15年ぶりくらいだなあとか思っていたら、ふと見つけてしまった講談社のイベント「K‐フェス」@幕張メッセ。ななななんとぴちぴちピッチのステージが。もちろん主役3人の声優が来場!これは行かなくてはなりませぬ(笑)。というわけで趣旨も方向も全く反対方向になってしまいましたが、気にすることなく幕張メッセへ。

10:30海浜幕張到着。イベント自体はもう始まってますが、例のステージ以外は全く興味が無いので、それが始まる11:30まで時間を潰そうかととりあえずメシを食べる。駅前のカレー屋(またカレー)。まずい(泣)。ちょっと早いけど泣きながらメッセへ。

とりあえず会場を一回りしますが、やっぱり見るものは無い(笑)。基本的にはオコチャマ向けイベントなんで親子連れが大半ですが、チラホラとワタシの同類が(笑)。そしてある一角だけ凄まじいオタクの行列(笑)。「ネギま!」だかのステージ(萌え声優が山ほど来る)のアリーナ席のチケットをゲットするためにグッズを買わんとしている行列らしい(グッズをある金額以上買わないと整理券がもらえないらしい)。

ふらふら歩いてたら、とあるブースで「どれみ」の新作OVAの宣伝をしていて、なんと千葉千恵巳以外の4人の声優も来るという話!ただ時間が完全に今日の目的の方とかぶるんですね…。2回目が15:30からあるみたいでしたが、とてもそんな時間までは居るつもりが無いので諦め(泣)。

とりあえず11:00にステージに行ってみる。まだ30分早いんですが、「プリキュア」のステージがある模様なのでそれもついでに見る。客席は大半が親子連れ。ああよかった(?)。

おお、五條真由美!「どれみ」のときは挿入歌しか歌っていなかったのに、出世したもんですなあ。最初に出てきて主題歌をフルコーラス歌いましたが、観客席のスミの方でペンライトを振って盛り上がっている一団が!!世の中には五條真由美のファンってのもちゃんと居るんですね。ビックリしました(笑)。

そして、司会のおねいさんが五條真由美を紹介。「普段は他にどんなお仕事をなさっているんですかぁ??」の問いかけに「いろんなアーティストのバックコーラスでツアー一緒に回ったり…」と、うつむき加減で言ってました(笑)。

そして、その後は後楽園みたいなアクションショー(着ぐるみ)、そしてプリキュアキッズとかいう謎の女の子二人が歌ったり踊ったり。なんでも普段は松戸のバンダイミュージアムで何かやっとるらしいです。司会のおねいさんがこの二人に色々聞くんですが、
「どうやってこの役になったんですか?」「オーディションを受けました」「同じです」
「オーディションに受かるためにどんなことをしましたか?」「歌ったり、踊ったりしました」「同じです」
という実にはずんだ会話が(笑)。

まあこんな前座はどうでもいいんですが、本題。

同じ司会のおねいさんが紹介すると、やってまいりました三人が。写真撮影禁止だったので見せられないのは残念ですが、なんとマーメイドプリンセスの衣装で登場(笑)。肩もあらわな寺門仁美タンに(;´Д`)ハァハァ。本当にカワイイっす。世にもまれな「アニメのキャラクターより声優の方がかわいい」事例です。まあアイドルとかが声優やったりもすんだけどさ。ああいうのは除きましょうよ。なあ宮崎駿。

しかしまあ沢城みゆきといい小清水亜美といい、まさか自分が声優にハマってしまったりしているとは…(30にもなって)。10年前の自分が見たら一体どう思うでしょうなあ(笑)。

そんなことはさておき。3人の紹介が済んだところで、それぞれの新しいソロ曲を一人ずつフルコーラスで歌ってくれました。実にしっかりした歌声と踊りの浅野まゆみ、単調な動きとしっかりした歌声の寺門仁美、そして単調な動きとヘタクソな歌声の中田あすみ(笑)。CDだと気にならない(ように作ってある)んですが、一番ヘタクソだったのは貴様か!正直仁美様は最初の頃はドヘタクソだったと思いますが、まあよくここまで立派に歌えるようになったもんです。普通にしゃべってる時は蚊の泣くような声でわけのわからんことばかりしゃべってるのに(笑)、いざ歌ったり波音を演じるときになるとまるで人が変わったようです。しっかりしてるんだかそうじゃないんだか分からん(笑)。まあそういうところがまた(以下略)。

それぞれのソロのあとは、フリートークも交えつつ3人で「KODOU」を歌ったり抽選会(お子様のみ参加)やったり。それにじてもこの衣装、まあこれそのまんまですが、腰のあたりを絞っていないのでものすごくデブに見えるんですが…。中田あすみ嬢はすごく背が高いのでそれでもまだかろうじてサマになっていますが(本当に背が高い!)、我らが仁美様はその中田あすみより顔二つ分くらい背が低いので(同じ年なのに)なんだかズングリムックリしてました(笑つーか泣)。ああでもそのズングリムックリの衣装着てちっこい体でよく頑張った感動した。化粧が濃すぎだったのがちょいと気になりましたが…。まだ中学生なんだからもうちょっと素顔を生かすメイクにしてやれよ…。

抽選会はオッサンには関係が無いので、その間に「どれみ」の方を見に行くことにしました。居ます居ます、4人ガン首並べております(笑)。こちらは大きなお友達ばっかりです。秋谷智子と松岡由貴は写真でだけ見たことがありましたけど、秋谷智子は結構美人ですねえ(声優にしては)。そして宮原永海は初めて見ましたが、まあ声優かな、という顔w。英語は本当にうまいですがあまりそれを活かせる役って無いでしょうねえ(ももこは本当にハマリ役だった)。某アニメの英語A太の役の人に是非発音を教えてやってもらいたいところです(言ってしまうのは可哀想ですがありゃ本当にひどいです)。そして、元アイドルの宍戸留美は…ああ目が完全に死んでいる(笑)。そりゃまあこんなイベントの、しかも少し離れたところでメインの華やかなイベントが開かれている横で大きなお友達相手にジャンケン大会ですもんねえ、心中お察しします(笑)。しかし貴女は「嫌な女の子」の役をやらせたら今日本で一番です(早川健より上です)。是非声優を続けて下さい。
あまりにも4人の雰囲気が痛々しいので見ていられなくなって、「ぴっち」のステージに戻りました。ちょうど抽選会が終わったところで、一旦終わり…と思ったらアンコールのようなものが始まって「Legend of Mermaid」まで3人で!いやアナタ、無料のイベントで5曲も聴けるとは誰が思いましたかね。実に嬉しい。

で、ステージ終わり。ソッコーで幕張を出ました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。