日記8/1

「マーメイドメロディぴちぴちピッチピュア」
スゲエ!もうあなた、全然違うアニメ見ているようですよ!基本的に恋愛モノは大嫌いなワタシですが、この「ぴっち」で唯一本当に純な恋愛であるヒッポ‐ユーリがまた見られようとは。ああもうこんな劇的な再会シーンを見せられては、「ユーリ、深海魚じゃん」とか、「ヒッポ、お前ユーリの元の姿を知らずに見たら、食うだろ」とかそういう邪な考えももう吹っ飛ぶというものです(笑)。ダークラバーズの他3名もすっかりいい人になっちゃって(笑)。前作のラストで、ガイトの魔力が消失したとたんに元の深海魚に戻ってしまってそれっきりだったのでちゃんとフォローがあってよかったデス、はい。

それにしても回想で前作のヒッポ‐ユーリのシーンが色々出てきましたが、やっぱりいい話はちゃんと覚えているもんですなあ。んで、こういう話は全部シリーズ構成じゃない人が書いているんですよねえ(笑)。

某ちゃんねるじゃ、「これは『ピュア』じゃなくて前シリーズの真の最終回だ」なんて言ってますが、いや本当にその通りだと思います。

しかしノエル。前作では最終回までガイト城に捕らわれの身で、まあかれんによって多少の情報はあったものの(リナを逃がすために代わりに捕まった)その人となりは分からずじまいのまま「ピュア」に出てくるようになりましたが…ほぼ同じ境遇だったココは一回メインの回があったので大体の性格づけは分かりましたが、この人はサッパリわからん(笑)。前回は波音をワザと嫉妬させるべく渚に言い寄ってみたり、今回は冷静にメガネなんかかけちゃって「超常現象大百科」なんて出してみたり。まあようするに書いている方もよく分かってないんだと思いますけど(笑)。一回メインの回やってやれよ。

今回の話は、「100年に1回、ある夜に『奇跡の入り江』で願い事をすると、次の夜明けまでその願い事がかなう。」つーのを聞いたヒッポがその100年に1回の夜に「もう一度ユーリさんに会わせてください」と願うんですが、同時にまだ生まれていない星羅が「るちあ達と一緒に学校に行ったりお買い物したりしたい」と願ってしまい、んでオカルトマニア?のノエルが「超常現象大百科」で調べたところ、その項目には「まぜるな危険」と書いてあった、と(冗談っぽく聞こえるが実際こう言ってた)。要するに、複数の願いが同時にされるとどちらかが叶わなくなってしまうかもしれない、ということですが、ヒッポも星羅も強く願う気持ちは同じ、二人とも願いは叶えられました。と、要約してしまうと身も蓋もないですが(笑)。

雰囲気としては「どれみドッカ?ン」の「はなさないで!つないだ手と手」と思いだしてしまいました(結構違うけど(汗))。これなら「プリキュア」に勝てるかもしれませんぜ(笑)。

【余計な話】
・この話には関係ないですが、敵の大ボス・ミケルとこのシリーズで突如出てきたみかる。名前に全然気がつきませんでした(笑)。前作は海斗とガイト様が兄弟だったですから、まあ今回も…?「ミケルは病弱でほとんど外に出られないみかるの妄想が生みだした魔物」とかそんなんですかね。これじゃあまるっきり「仮面ライダー龍騎」ですが(笑)。

・ノエルの「超常現象大百科」…何故横書きなのに右とじ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。