外語祭

まだ行ってる外語祭。僕が8年も居て0中退した東京外国語大学の大学祭です。大学祭としては珍しく5日間もやるので興味の無い人はここぞとばかりに海外旅行なんか行っちゃったりするんですが、僕が在学中は5×8=40日、全て参加しました(笑)。さすがに今は休みの一日くらいしか行けないですが、それでも行ってます。とりあえず漫研がある限りは行くかね(笑)。

昼過ぎに西武多摩線多摩駅を降りて大学へ。いつも通りの外語祭。何も語るべきことは無し(笑)。一年生のやる各国料理店がえらい行列の割には全体的に人が今までほどいるような雰囲気が無かったですが…まあ最終日だけしか行ってませんから何とも分かりません。こっちに越してから地域密着型を目指していて、客層を見る限りはそれは充分達成できているとは思います。まあこれでいいんじゃん(笑)。

漫研も相変わらず。客は無し、ダラダラマターリ。

集まった人間でダベり、たまに食べたり飲んだりするためにキャンパスをブラブラ。アフリカ料理が意外にフツー。半つぶしのトウモロコシの煮たのに豆とトマトを煮たのをぶっかけたの。あれを昼に¥200?¥300で出す店が会社の近所にあったら別に毎日昼ゴハンとして食べてもいいかもしれない(笑)。

トルコ科のシシケバブ。肉の味しかしない(笑)。ラムよりマトンの方がいいよあたしゃ。もっと肉臭い方がいい。

ラオス科の名前忘れた肉の煮込みをご飯にかけたやつ。魚醤のニオイがすごい。すごい上にしょっぱすぎてマトモに食べられず(別に魚醤は嫌いじゃないけど)。ご飯とまんべんなく混ぜてやっと食べられる程度の塩気。

中国科のスープ。化学調味料の味が凄まじい(笑)。隣のロシア科のボルシチは鶏ガラスープの味だけで塩気が無くどこの料理だか分からない状態でしたが(笑)、こっちもこっち。

あとは有志の味噌カツを食べました。これはうまかったと思う。正しい味噌カツを食べたことはありませんが。

で、終わったあとは漫研のヒマ人5人で武蔵境のさくら水産(笑)。去年もさくら水産だったような気が。まあ個人的には去年どころか一昨日西巣鴨店に行ってますが(笑)。

いつまで続くんだろう。まあ続く限りは毎年行きますよ、ええ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。