胃カメラ体験記

というわけで生まれて初めて胃カメラというものを飲み込んでみたんですが…つれえーーー(泣)。いや苦しかった。あんなもん二度とやりたくありませんが、トシ取ったら人間ドックなんてものもやらなきゃならないでしょうからねえ。

まず、胃の中の唾液を流すクスリを飲みます。まあこれは飲むだけだからいい(スゲー粘性の高い液ですが)。

次に、クチの中を麻酔するために、ドロリとした麻酔薬を5分くらいクチに含んでおきます。だんだんクチの中の感覚が無くなってきます。

で、胃の動きを止めるクスリを注射で肩に打たれます。これは普通の注射に比べても楽なもんだと思います。一瞬で済むし。

前準備の最後として、喉に麻酔をスプレーで吹きかけられます。これをのみこまなきゃならんのですが、ニガーい。凄く。

そのあと、ギャグボールに穴のあいたのみたいなのをくわえさせられ(笑)、その中を1cm弱くらいの管が通ってゆきます。麻酔がかかっているので、先端が喉を通る瞬間はオエッとなりますが、その後は楽…全然嘘(泣)。息は当然できるんですけど、常時ブットいものが喉に詰まってるような感覚ですからそりゃもう苦しい。さらに、十二指腸のあたりまで行くと胃の中で何かがツンツンしてくるのが分かりますから(麻酔かけてるのは喉までだから)もう最悪。決して痛みではないんだけれど、体の内側からまさぐられてるんですから不快極まりない(笑)。

管を通じて何か液を胃に撒いてるようでした。管の手元にビンをさしたら胃の中が冷たい感覚に襲われましたから。

動くこともできず10分程度いいように陵辱されました(笑)。しかしながら、昨日会社の連中に色々聞いてたんですが、多分今回の先生は比較的上手い方だったんじゃないかと思います。もっと死にそうになった話とかありましたから…。もし次回があるならばまたあそこにしよう。

で、これの前に怪音波装置も再度やられ、土曜日の血液検査と全部合わせて診断された結果は…ここまで苦しい思いをしたのに「別にどこも大して悪くないじゃん」。唯一、食道と胃のつなぎ目の部分が人と比べてちょっとヘンになっていて、食道に胃液が逆流しやすい(胸焼けしやすい)らしいですが、今回のとは違うだろうしねえ。念のためにこれのクスリをもらって2週間飲むことになりましたが…。変わらなかったら後は大腸の検査だそうです。次はシリからアレを突っ込まれるのか(汗)。まあ、喉が苦しくない分まだシリの方がマシな気がするけど。

何か「コレ!」と診断されてない分逆に不安になってしまうなあ。違和感は確実にありますんでねえ。

あーやっとクチの麻酔が取れてきた。意外にこれが変な感覚で嫌だ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。