タマネギあかん&VIA頑張れ超頑張れ

●タマネギは効いたのか。今日は半分をザク切りにして、またフトンの横に置いて22:30頃就寝。

…1:30に起きた(泣)。効いてねーーー(泣)。

まあ待て。昨日半分使って、残った半分は冷蔵庫に入れていた。これが悪かったかもしれない。今日は今日でこの枕元のは朝まで置いておきますが、明日またやってみないとわからん。

ところで、昨日の半分は今朝スライスして食べようと思っていたんですが、いざ食べ始めてみると朝っぱらから生タマネギをさくさく食べるのはキツい。数口で嫌になって、残りはさっき食べました。こりゃ煮物とかの方がええわい。夕飯は鶏手羽元とゴボウの煮物(だけ)でしたが、これに一緒にいれちまえばよかった。ちなみにこんな煮物も炊飯器だと簡単。ゴボウは皮を包丁の背中でこそいで切って、手羽元はそのまんま炊飯器にポイポイ放り込み、水、つゆ、ミリン入れてスイッチ入れるだけ。肉もゴボウもかなりやわらかくなって実にうまい。シイタケなんかも入れればよかったっすかね。

VIA、Isaiahの正式名称を「Nano」に決定
Intelがあまり好きでない身としてはAtomなんぞよりこちらが本命。

とりあえずあちらこちらでかき集めてきた限りではこんなラインアップ?(イマイチ確証無し)

VIA Nano(65um)
L2100 1.8GHz/FSB800MHz/25W
L2200 1.6GHz/FSB800MHz/17W
U2400 1.3GHz/FSB800MHz/8W
U2500 1.2GHz/FSB800MHz/6.8W
U2300 1GHz/FSB800MHz/5W

VIA C7-M(90um)
795 2GHz/FSB533MHz/20W
794 2GHz/FSB400MHz/20W
785 1.86GHz/FSB533MHz/18W
784 1.8GHz/FSB400MHz/18W
765 1.6GHz/FSB533MHz/15W
765 1.6GHz/FSB400MHz/15W
754 1.5GHz/FSB400MHz/12W

VIA C7-M ULV(90um)
775 1.5GHz/FSB400MHz/7.5W
772 1.2GHz/FSB400MHz/5W
770 1GHz/FSB400MHz/5W
779 1GHz/FSB400MHz/3.5W

Intel Atom(Diamondville, 45um)
230(Diamondville SC) 1.6GHz/4W?→ローコストデスクトップ向けシングルコア
3??(Diamondville DC) 1.6GHz/8W?→ローコストデスクトップ向けデュアルコア
N270 1.6GHz/4W?→ローコストノート向けシングルコア

Intel Atom(Silverthorne, 45um)→携帯情報機器向け
Z540 1.83GHz/FSB533MHz/2.4W
Z530 1.6GHz/FSB533MHz/2W
Z520 1.33GHz/FSB533MHz/2W
Z510 1.1GHz/FSB400MHz/2W
Z500 800MHz/FSB400MHz/0.6?0.7W

こちらを見る限りではNanoの整数演算能力はAtomの1.4倍ほど、となると1.2GHz版がDiamondville1.6GHzと同じくらいでしょうか。やっぱりTDPでは差があるなあ。同クロックのC7-Mより電気食うんですね。まあ同クロックで性能が倍以上ですから、そう考えれば全然問題ないんでしょうが。まあ、ここまで情報が出てくると、もうC7-M搭載のマシンは買う気がしませんな(笑)。

早くU2300かU2500あたりを搭載した実機が出てこないもんですかねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。