日記1/12

そう、何かと困るのが、マシン同士のデータのやりとり。突発的に必要になったとき、むかぁ?しならフロッピで足りましたけど、今はそういうわけにもいかない場合が多く、結構困ったりするですわ。ノート同士なら何も手持ちがなくても赤外線というテがあるけど(意外とバカになりませんよ。何度世話になったことか)、デスクトップ(特に古いの)がからむとそうもいかない。で、過去にかなり使ったのがパラレルのクロスケーブル(インターリンクケーブル)。こいつとSTR(スーパートランシーバ)というフリーウェアを組み合わせると、なかなか便利。DOS用だけど、Win95下で使えばLFNも扱えるし。まあさすがに何百MBも転送すると何時間もかかるけど、それでもディスクの入れ替えなどはないからほっときゃ終わるし(ここがフロッピとの最大の違いよ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。