日記4/14

つーわけで「ティル・ナ・ノーグ3」。まだ最初に作ったシナリオ終わってはいないですが、今日はこれしかネタがないので…(笑)。

フルスクリーンでしか動かないのね。ワタシとしては遊びながらWEB見たりICQ打ったりなんだりするのでウィンドウ化できるようにしてほしかったですが…。あと最近のゲームの「起動時に必ずCDを入れておかなければならない」てのは本当にどうにかなりませんか。HDDにインストールする意味がないです。もちろんプロテクトだってのは分かってるけど。

まあ文句はそれくらいにしていざゲーム。まずシナリオ作成。………20秒ほどで終了。実にあっけない。速い。MSX版などは2がベースだったので、ゲーム開始時にMP回復が速い「姫」が居ないと(シナリオによって王宮に姫が残ってたりさらわれてたり病に伏せてたり色々)シナリオ作り直していたのですがこれが昨日書いたとおり45分。いやスバラシイ。

ゲームスタート。導入部は…完全に1ですな、こりゃ。開始直前に画面にデカデカと「英雄妖精 ○×△」と表示されるのがなんだか恥ずかしいぞ(笑)。そして城の前からゲームスタート。やっぱりベースは1なんですな(2なら町の中からスタート)。

一通り王だ大臣だの話を聞いてロイヤルソード、ロイヤルアーマー、ロイヤルシールドをもらう。仰々しい名前ですが別に強くもなんともありません(笑)。

さて、1では(記憶に間違いがなければ)姫は仲間になりません。しかもMPの扱いが1は2よりシビア。HPはどちらもフィールドを歩いているだけで少しずつ回復しますが、2では「HP満タンのときに限りMPも少しずつ回復、姫なら1歩ごとに1点回復」したものの1ではそれもありません。HPをMPに変換する魔法を使うか、フィールドで「休息」するか(寝込みを襲われる可能性アリ、また一日1回のみ)、町で回復するしかありません。

しかも最初は金を全然持ってない上に序盤は敵もほとんど金を落とさないので町で金払って回復することもままなりません。何せ最大5人パーティですが5人分の武器、鎧、盾買うことはおろか主人公以外の一人に安い武器買ってあげるのが関の山(笑)。まあHPはウロついていれば回復するのでいいんですが。2では金が足りなくなるということはほとんどありませんでしたので、やはりこの辺は2ベースにして欲しかった(泣)。

それでも敵のバランスは結構見直しされたらしく、序盤は無理しなければマトモに戦えます。1の序盤の難しさと言ったら…。

仲間はフィールドで遭遇したときにパーティに入れるか、町の酒場で「勇者を募る」かして集めます。魔法は基本的には「巻物」を町で買うかダンジョンで手に入れるかして増やしていきますが、それ以外にキャラクター固有の魔法が最大3種類あります。序盤はまだ巻物も手に入らないので、どんな妖精が仲間に出てくるかで結構変わってきたり。特に敵を眠らせる「ホレス」、魅了して一切攻撃してこなくなる「ミュドレア」はとても重要(Wizでの序盤のKatinoと同じくらい重要)。どちらもほぼ人間型の敵にしか効きませんが…。

まだダンジョンを1?2巡ったくらいですが、やはりほぼ1の感覚ですね。イベントも全然無いし(笑)。今の容量とスピードならもっと様々なイベントが…と期待していましたが、メインプログラムが1MB無いようですからそれも期待できませんか(笑)。しかもグラフィックスは全て.bmp、BGMは全て.mid、効果音は全て.wav。オイ。

本日の体重:80.4kg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。