日記12/9の3

来年の新外人キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!これまで話は出てましたがまだ来るかどうか分からなかったものの、海外担当のジョー古河(元選手)が口説き落とせましたか(笑)。ウッズはとりあえず置いといて、コックスはブラッグス以来の現役バリバリメジャーリーガー。ローズ以降に来たセルビー、マラベ、ポゾ、メローニ、ドスター、ズーバー、サンダース、グラン、ヤングのような雑魚とは格が違いますので(ロドリゲスはかろうじて除外)ちょっと期待してよい?

では早いけどここで来年の開幕スタメンを2パターン予想。
パターン1:
1番 遊撃 石井琢郎
2番 2塁 金城龍彦
3番 左翼 鈴木尚典
4番 一塁 スティーブ・コックス
5番 右翼 タイロン・ウッズ
6番 中堅 古木克明
7番 3塁 村田修一
8番 捕手 中嶋聡/中村武志/相川亮二
9番 投手 吉見祐治
注)条件として、1:金城セカンドコンバート、2:古木センターコンバートが本気の場合。

パターン2
1番 遊撃 石井琢郎
2番 中堅 金城龍彦
3番 左翼 鈴木尚典
4番 一塁 スティーブ・コックス
5番 右翼 タイロン・ウッズ
6番 3塁 古木克明
7番 2塁 種田仁
8番 捕手 中嶋聡/中村武志/相川亮二
9番 投手 吉見祐治
注)野手のコンバートが行われないことが条件

開幕で古木はいきなりクリーンナップということは無いと思います。さすがにそこまで任せるにはまだ経験が…。来年中盤まで消化したあたりで5番あたりを打てるくらいの実力がつけば万々歳でしょう。捕手は正直絞りきれません。正捕手が居ないことが横浜最大のアキレス腱なわけですが…。開幕投手は吉見と信じます。三浦は先週末ひじの手術をしたので間に合うか分からないし、三浦を除けば吉見か若田部くらいしか開幕投手の候補が居ないわけですがまあここは生え抜きを尊重して。大穴として、斎藤隆がFAで移籍せず残留した場合、禿が先発に戻すとか言ってますので可能性アリか。後は野手コンバートが焦点でしょう。本来なら守備力ゼロの古木はレフトにでも置きたいところでしょうが、横浜には不動の守備力ゼロレフトの鈴木尚典がおりますので…。サードにしてもセンターにしても、数年は古木の守備に関してはガマンガマンでしょうな(笑)。本人は「右側」はやりたくないと言ってるし。

この状態がハマれば代打に佐伯、小川、中根、内川、多村と相当層が厚くなりますし、外人がハズれた上に誰かがケガしてもまだ充分埋められる。ピッチャー次第では意外とイケるかも?……まあ、優勝は3年後と踏んでますのでまだそこまでの期待はしないようにしますが。

ある意味、戦力の入れ替えがあってまだ現実を直視しなくて済むこの時期が一番楽しい(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。