日記5/24

ちゃんと4時過ぎに起きて徹夜の元となった仕事は終わらせましたよ。終わったのはボチボチ皆が出勤してくる8:35でしたが(笑)。そんな感じで、まあ3時間は寝れましたから徹夜というにはほど遠いし今日も一日頑張んべ、とか思って新しい日をスタートしてはみたものの、やっぱりトシのせいか(泣)。

そんな日でも某お客様へ出向かなけりゃいけなかったりして、そんなもんでついでに某よこ家でお昼食べたりして。今日の日替わりはペペロンチーノ。ここのスパゲティを食べたことが無かったもので、これを。

…いつもと同じ¥880を取るのに、ちっこいサラダ(これはランチ共通)とドリンクと、とても多いとは言えないスパゲティだけか!と内心憤慨していたら、メイドさんが「よろしかったらご飯とおみそ汁もおつけいたしますので…」。そういうことか(笑)。いや本当は食べたかったですがね。昨晩0時半ころに大盛り¥600のつけ麺(ツユ薄い)を食べたっきりでしたから。でも、このラインナップの中でゴハンとミソ汁をオメオメと頂いてしまうと負けだとかよく分からない理性が働いて、その辺は頼まずに食べました。夕方にそれをとても後悔しましたが(泣)

カレーライスでもゴハンだけはお代わり自由とか「とりあえずデブオタは何か食わしときゃおとなしくなるだろう」という、実に正しい店です(笑)

スパゲティにライスとかは、中島らもとか東海林さだおのエッセイを読んでいれば全く驚くには値しません。「ヤキメシライス(チャーハンをおかずに白飯)」とか「ライスライス(醤油かけゴハンをおかずに白飯)」が平気で出てくる世界ですから(笑)。東海林さだお氏が学生の頃に定食屋にあったという「ソーセージ定食」は是非食べてみたいものです。「ソーセージ」というのはもちろん魚肉ソーセージですよ。

夕方はとっととおさらばするつもりだったんですが、気がついたら22時とか。こうなりゃもうヤケで、倒れるほど飲むしかありません。いいかげん顔を覚えられているであろう西巣鴨のさくら水産へ。

というわけで、倒れるほど飲んできました(笑)。まだ倒れてはいませんが。あそこの「豚肉とキムチ炒め」をはじめて食べたような気がしますが、この名前のどこにも入っていないモヤシが全体の体積の2/3を占めるという、JARO確実な食べ物でした。まあ、全体のボリュームはあったんでそんな状況でも豚肉とキムチはしっかり食べれましたけど。それ以上にモヤシ…(好きだけどね、モヤシ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。