立石LOVE

朝起きる。9時。家を出るのは12時過ぎで良いので、とりあえず何をしようか迷う(笑)。

昔の同人誌の売れ残りを10冊ほどシュレッダーにかける(笑)。まだあと40冊くらい残っている…。この前の夏コミの本は一応残しておきます。次回の「枯れ木も山の賑わい」に。もう面倒くさいからそのまま捨てちゃおうかねえ。

売れ残りの同人誌の山を見ていたら、今まで出した本が全部一冊ずつあったので、とりあえずスキャンする。こんなの誰も読みたがらないでしょうから単なるHDDの肥やしにしかなりませんが…。でじこで描いてた時期は思ったよりちゃんと描いてたんだなあ(笑)。今のでじこじゃ全く描く気が起きませんが…。とりあえずこのレベルまで戻さないと。まあ、-10が-5になる程度ですが。

ちょっと早めに家を出て、古本屋に読まないマンガと読まないDTPの本を何冊か売る。6冊ほど?売って\500。まあ、ただ捨てるよりマシ程度です。

13:50頃。立石は宇ち多”でぽんす君と合流。既に店内がビッシリ埋まるくらいの行列で、第一陣には参加できず。40分ほど待って入店。ここくらいですよ。並んで入るのなんて。基本的には並ぶの大嫌いなので…。しかし、その並んだ時間を一瞬で忘れるほどうまいタン生(湯通しした程度のタン)、ハツ生、煮込み、レバ焼き、etc…。銀杏切りにしただけの生の大根を酢醤油で食べるのも意外にうまい(特に豚モツだらけなので、口直しに最高です)。タン生が本当においしくて、二皿食べてしまいました。みつぼの完全な刺身もおいしいですが、軽く湯通ししただけのも絶妙な歯ごたえです。そして最後に食べてさらに感動したのが、豚の「ツル」。これはみつぼや他の焼きとんの店でも食べたことがありませんでした。さてどこでしょう。各自検索して下さい(笑)。これが本当にうまい。肉っぽさとアブラっぽさのバランスが、とても自然にそうなったとは思えないくらいに絶妙。これも二皿行ってしまいました。梅割りを4杯ずつ飲んだところで、やんわりと「出て行け」と(笑)。はい。

町を散歩して、次は栄寿司。前回食べてここも値段の割に相当うまかったです。煮ホタテ、サンマ、マグロ赤身、トコブシ、あと何食べたっけ忘れた、とビール一本。こんな寿司屋が近所に欲しい(泣)。寿司は毎日でも食べたいです。うまくて安い寿司なら尚更。

既に名前を忘れたナントカ言う喫茶店でマターリ。クリームソーダとレモンサワーで2時間くらい????

今日は酒は打ち止めにしようということで、上野あたりに出てまた喫茶店に入ろうかと。結局適当な店が見つからず、アキハバラまで歩いてしまい、ルノアールへ。そのまま閉店まで。

帰宅。最高のニートな日でした(笑)。

立石LOVE」への2件のフィードバック

  1. ぽんす

    相変らず美味かったですねぇ。
    何処を改装したのか、さっぱり分からんですけど(笑)
    次は横須賀を攻めますか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。