ついにトナーを交換するときが

どう考えても会社のプリンタ使えないと印刷が手詰まりになってしまうので、リサイクルトナーを発注しました…。まあ本当にトナー変えたら直るのかどうかは分かりませんが(泣)。きっとドラムが悪いんだ!!そうに決まっている!!そう決めた(笑)!!まあこういうときは安いレーザープリンタはドラムがトナーカートリッジと一体ですから、簡単に交換できて良い。これで直らなかったら((((((;゚Д゚)))))) ガクガクブルブルヒートローラーが死んでたらどうしよう((((((;゚Д゚)))))) ガクガクブルブル

このLBP-1510、いつ買ったのか日記をログを検索したら、2001年の10月…(汗)。7年前かよ。さすがに僕でも1本のトナーを7年使い続けたらどうなるのかなんて聞いたことがありません(笑)。こいつでフルにコピー誌作ったのって、この7年の間に一体何回だったろうか(笑)。2?3回か…。まあ、仕事場にオンデマンド関連の機材が充実しているところに何年も居たのでしょうがないと言えばしょうがないんですが。

しかし、最初にプリンタ買ったときは純正のトナーカートリッジが実売\33000くらいと聞いて、買ったあとにトナー切れたときどうしてくれんねんと使う前から途方に暮れてしまいましたが、リサイクル品なら\7000弱。これで1万枚プリントできるわけですからスバラシイ。紙代入れてもA4の1枚あたりの原価が\2切りますね。スバラシイスバラシイ

しかし、A3のレーザープリンタなんかもうほとんど使わねーなとか思ってましたので捨てる直前でしたが、やっぱり必要だ(泣)。

まあ、もしそのうちカネに余裕ができたら、コレ買いたいんですがね…。カラーレーザーで両面対応機でも\63000とかって良い時代だのう…。しかし40kgを超す重量はいやん。今のLBP-1510の15kgですらいやんなのに3倍以上かよ。

何の関係もありませんが、放送大学の授業、今まで録画が他のものとかぶったことはほとんど無かったんですが、ついに(泣)。しかも一気に2つとは。今回は「銀魂」「ゴーオンジャー」とかぶってしまいました。まあUSBのワンセグチューナーでも録画はできますがね。ただ、録画したマシンでしか見られないのがガンよねー。ゴーオンジャーは全然見てないからまだいいんですが、銀魂は痛い。困った。

ついにトナーを交換するときが」への2件のフィードバック

  1. sprout

    すずさん!元気ですか?おひさしぶりでーす。
    私も最近がんばってblogがんばってるのでのぞいてみてくださいね。

  2. hideaki

    久しぶりーー。こっちは会社が大変なことになっているのですがまあ僕は何とか生きています(笑)。ブログ今後は読ませてもらいま!写真で人に見せられるものが仕事っていいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。