まだまだ…

何か月曜日は飲みたくなる最近。19:30には会社出てるのに、仕事楽しいのに、はかどっているのに、妙に疲れているのは何だ。前より圧倒的にアタマ使う機会が増えたからでしょうか。肉体労働より疲れます。いや肉体労働もありますけど(笑)。重いパソコンあっちこっちに運んだり、超長いLANケーブルをあっちこっちに引き回したり。

というわけで、今日も月島をウロウロ。いつも結構埋まっているので避けていた串焼き&釜飯の店がガラガラだったので、初めて入ってみました。生キャベツが\380と目ン玉が飛び出るような値段だったのはビックリでしたが、後のメニューはフツウ。串はこの前のアレよりは圧倒的にうまかったです。この串なら普段食べるのに充分。1本\120ですが。そう思うと1本\90とか2本\180で出しているあそことかあそこはやっぱり凄い店なんだと。鳥モモの叩きを頼んでワクワクしながら待っていたら、どうみてもフツウに茹でて中までしっかり火が通っちゃってる。まあゆずコショウが添えられていてうまかったですが。鳥モモなんて大体どうやったってうまいですよ。たまに一工夫あって超絶うまいのがありますが。

この前のモツ焼き屋もそうでしたが、この店もホッピーの最初を飲んだあとに「ナカくだせえ」と頼むと、コップに焼酎と氷を入れたのを持ってきてジョッキにガラッと。別にそれはどうでもいいんですが、元々入っていた氷がまだいっぱい残っているのに氷と焼酎を注ぐもんだから、ジョッキの7割が埋まります。ホッピーはちょろっとしか足せません。結果、外1中3になります。まあこっちとしては安上がりになるのでいいんですが(笑)、このテのナカの足し方をする店で気の効いたところは、ジョッキの氷の残り方を見て氷も足すかどうか都度変えてます。別にどっちでもいいけど(笑)。ウルセーって感じですか。

ゆずコショウっていいですよね。僕は焼き物や揚げ物にレモン汁かけるのが大嫌いなんですが、ゆずコショウはいける。

家に帰ってきたら、ちょうど真打ち共演の録音が終わりかけ。最後のアナウンサーの「今日は、テツ&トモさんの歌謡漫談と以下略…でお送りしました」

歌謡漫談(笑)。色々スゲー(笑)。テツ&トモも玉川カルテットや牧伸二や松鶴家千とせの仲間入りですよ(別にジジイ扱いしてんじゃないですよ。僕は20年前から牧伸二の大大大ファンです)!真打ち共演は毎回3組出演で、一組目:グループ漫才やコント、二組目:ピン芸人、三組目:落語、の組み合わせなんですが(先週から聞き出したのはほぼ20年ぶりですが構成は全く変わっていない模様)、今後どんな「イマドキ」が出てくるか、色々楽しみになってしまいました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。