現代的長屋

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200611020029.html

まあ昨日もそうでしたが、僕はたまに夜近所の漫画喫茶に行って5時間くらいダラダラすることがあります。で、いつだか帰ってきたあとに「ネット上に大容量の保存スペースがあれば僕は決まった住居が無くてもこういうところでいいかもしれない」なんて書いたことがありましたが、まあ実際にやってらっしゃる方々もおられると。仕方なく、ですが。

確かに毎日だと、ああいう環境でしっかり寝ることは難しいでしょう。ネットカフェとワンルームマンションの中間みたいなものってできませんかねえ?
・部屋は2畳くらいで、折りたたみベッド、テーブルが据え付け(パソコンも合った方がいい?)。あとはちょっとした収納?別途貸倉庫みたいなのがオプションで付属していてもいいかも。
・トイレ、シャワールームは共同。流しくらいは各部屋にあってもいい?
・先払いで週極/月極、もしくは通常の賃貸契約(選択可能)
・週極/月極の場合は敷金礼金無し(その分少し割高)

都心を離れれば普通のワンルームで3万円台とか沢山あると思いますが、上のスペックで都心に近い場所で3?4万なら、入る人結構いるんでねえか??どうせこれからオフィスビルが散々余ると言われていて用途変更がどうのこうのとか言われてるんですから、こういうのを都心に入れることはかなり有意義な気がとてもするんですが。少なくとも僕なら考える(笑)。

入る方も、¥1500で夜だけネットカフェに居ても一ヶ月で¥45000。仮に一部屋月極で¥4万でも割安です。都心を離れれば3万円台の部屋とかある中で彼らが部屋を借りない(借りられない)理由は保証人と敷金礼金でしょうから、月極先払いなら彼らも入れるのでは(さすがに4万円くらいはどうにかしろと…)。6畳ワンルーム・バストイレ流しコンロ付きのマンスリーマンションが12万とかみたいですから、2畳で風呂トイレ共同4万なら十分商売になりそうな気がしますがねえ。

まあ、既存の物件を使っているマンスリーマンションと違ってこちらはそのようなものを一から建てないといけないわけですから、そこがおそらく最大のネックでしょうが…。

アイデアだけで起業できるものでは無いですから難しいですかねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。